UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

茨城(5)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

後藤夕山 ごとう・せきざん
水戸市下市肴町の人。名は壬介。松平雪山の門人。明治初年頃死去。

五藤自適 ごとう・じてき
天保10年生まれ。水戸仲町の人。名は近知。東照宮の神官、茨城県庁の知事官房に勤務していた。書をよくし、義烈館の太鼓の書は自適の作だとされる。画は松平雪山に学び、四君子を得意とした。大正2年、75歳で死去した。

佐々重晁 ささ・じゅうちょう
寛政5年生まれ。水戸藩の儒者。西村氏、字は明侯、別号に了斎がある。弘化3年、54歳で死去した。

佐藤松溪 さとう・しょうけい
文化8年生まれ。名は延昌、字は中卿、通称は量平。青山雲龍の子で佐藤中陵の養子となった。天保9年水戸藩に仕え、書画もよしくた。著書に『皇朝書画譜』『楷書類聚』『點画奇賞』『武器図説』『松溪文集』などがある。嘉永6年、43歳で死去した。

佐野盛致 さの・もりむね
水戸の人。松平雪山の門人。四君子と得意とした。藩主徳川斉昭の命により作成された《追鳥狩絵巻十八軸》を加藤雪潭とともに描いた。明治初年頃死去。

酒井藍山 さかい・あいざん
後藤文琳の子で酒井家を継いだ。画は父に学び山水を得意とした。明治初年頃死去。

坂場奇一 さかば・きいち
水戸市蓮池町の人。名は時成、通称が奇一で号は荷亭。松平雪山の門人で花鳥山水をよくした。明治初年頃死去。

酒巻于宜 さかまき・とくぎ
水戸市紺屋町の人。明治期の画家。はじめ一柳友善を師とし、のちに立原杏所の門人となる。人物画を得意とした。

斎藤無岳 さいとう・むがく
新治郡中家村の人。明治期の画家。名は伝。早くから東京に出て菊池容斎の門人となり歴史画を学んだ。

坂田鴎谷 さかた・おうこく
新潟蒲生郡鹿久間生まれ。名は愛、字は世誨、通称は亮八。別号に鹿園がある。奥原晴湖と特に親交があり、鈴木鵞古や介庵らとともに江戸で「下谷文人画家」を結成。《雲畑供養》の画帳の中に晴湖とともに山水画を描いている。明治14年死去。

桜井武彦 さくらい・たけひこ
嘉永5年生まれ。西茨城郡石井村の人。号桂山。幼い頃から画を好んでいたが家が貧しくて師につくことができず、独学で研究した。

桜井華水 さくらい・かすい
笠間の人。名は憲。桜井華陵の子。茨城師範を明治44年に卒業、教鞭をとった。水彩画を得意とした。

笹沼竹風 ささぬま・ちくふう
明治36年生まれ。西茨城郡笠間大字石井の人。別号に青波、静波。晩年は明峯と号した。大正8年松本楓湖の門人となり、楓湖没後は木村武山に師事した。昭和56年、79歳で死去した。

茨城(5)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の古書画人名事典

関東 むかし町歩き (大人の遠足BOOK)
ジェイティビィパブリッシング









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.