今月の注目画人

※展覧会を予定している主な物故画家の一覧です。画人伝は各作家の掲載ページ。(臨時休館や予定変更などもありえますので詳細は美術館のページでご確認ください)

作家名 画人伝 展覧会 会期 会場
根本幽峨 鳥取02 生誕200年 根本幽峨-近世鳥取画壇の「黄金時代」最後の華- 2024年02月10日~03月20日 鳥取県立博物館
狩野芳崖 山口04 狩野芳崖、継がれる想い-悲母観音からはじまる物語 2024年02月06日~03月17日 下関市立美術館
宮本武蔵 岡山02 武士と絵画-宮本武蔵から渡辺崋山、浦上玉堂まで- 2024年01月06日~03月03日 千葉市美術館
渡辺崋山 遠州03 武士と絵画-宮本武蔵から渡辺崋山、浦上玉堂まで- 2024年01月06日~03月03日 千葉市美術館
浦上玉堂 岡山06 武士と絵画-宮本武蔵から渡辺崋山、浦上玉堂まで- 2024年01月06日~03月03日 千葉市美術館
池大雅 三重02 生誕300年記念 池大雅—陽光の山水 2024年02月10日~03月24日 出光美術館
藤島武二 鹿児島34 藤島武二没後80年 鹿子木孟郎生誕150年 洋画の青春-明治期・三重の若き画家たち 2024年01月27日~04月14日 三重県立美術館
鹿子木孟郎 岡山28 藤島武二没後80年 鹿子木孟郎生誕150年 洋画の青春-明治期・三重の若き画家たち 2024年01月27日~04月14日 三重県立美術館
笹岡了一 新潟47 所蔵品展 笹岡了一と新潟光風会の作家たち 2024年01月20日~03月10日 新潟市新津美術館
石川寒巌 栃木19 アートリンクとちぎ2023 石川寒巌 2024年01月20日~03月03日 佐野市立吉澤記念美術館
太宰治 青森44 常設展 文学の森へ 神奈川と作家たち 第3部 太宰治、三島由紀夫から現代まで 2024年02月06日~03月24日 神奈川近代文学館
池上秀畝 長野41 生誕150年 池上秀畝-高精細画人- 2024年03月16日~04月21日 練馬区立美術館
福田平八郎 大分32 没後50年 福田平八郎 2024年03月09日~05月06日 大阪中之島美術館
小林古径 新潟25 生誕140年記念 古径素描展 2023年12月02日~2024年03月10日 小林古径記念美術館
宮本三郎 石川44 宮本三郎とふるさと~小松を描く洋画家たちの眼差し~ 2023年11月23日~2024年02月25日 小松市立宮本三郎美術館
木田金次郎 北海道33 木田金次郎 大作の魅力・小品の魅力 2023年11月10日~2024年06月30日 木田金次郎美術館



おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5