UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

茨城(10)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

三好元一 みよし・げんいち
寛政5年生まれ。水戸藩士。幼名は徳太郎。公務の余暇に画を酒井抱一の門に学び、のちに尾形光琳派の花鳥を研究した。天保14年、51歳で死去した。

三浦呉舟 みうら・ごしゅう
水戸の人。早くから江戸に出て椿椿山に学び、花鳥をよくした。慶応年中頃死去。

三輪雪溪 みわ・せっけい
下館藩士。名は才次郎。竹内南圭に学び、花鳥をよくした。明治初年頃死去。

三宅拈華 みやけ・ねいか
龍ヶ崎の人。はじめ蘭台と号し、のちに拈華とした。渡辺小華の門人で花鳥を得意とした。龍ヶ崎から江戸崎あたりに作品が残っている。昭和2年死去。

皆川晩霞 みながわ・ばんか
明治25年生まれ。茨城の人。名は麓。田崎草雲に南宗画を学んだ。

村岡岳民 むらおか・がくみん
水戸の人。名は粛。萩谷☆喬(☆は「僊」からにんべんをとる)の弟で、村岡氏の養子となる。画を兄に学び、花鳥人物を得意とした。じ

森三樹 もり・さんじゅ
新治郡石岡町の人。名は昭治。山水を得意とした。明治初年に官吏となり、青森県で明治43年頃死去した。

山田遷民 やまだ・せんみん
水戸宮下の人。通称は政之助。萩谷☆喬(☆は「僊」からにんべんをとる)の門人で、花鳥人物を得意とした。明治初年頃死去。

谷島関水 やじま・かんすい
真壁郡養蚕村成田の人。菊池江外の門人。山水を得意とした。明治22年死去。

山田芝遷 やまだ・しせん
明治年間の水戸の人。名は忠文。早くから東京に出て小坂芝田の門に入り南画を学んだ。

横田一峰 よこた・いっぽう
明治14年生まれ。名は佐雄。医師を志して上京するが、医師にならずに画家となり、帰郷して画家に専念した。昭和10年死去。

横山秀暉 よこやま・しゅうき
明治33年生まれ。石塚町の人。名は徳之介。五島耕畝に師事して花鳥を学び、各地の寺院を訪ね寺院装飾を研究、文部省の嘱託をうけ社寺装飾を業とし、春衛と改めた。戦後郷里に帰り仕事を続けた。昭和55年、81歳で死去した。

六左衛門 ろくざえもん
永正元年生まれ。常陸国に住み、兄雪村の法を学んだ。

渡辺雲溪 わたなべ・うんけい
水戸の人。名は進、通称は咲兵衛。松平雪山の門人で山水を得意とした。明治初年頃死去。

亘遷幽 わたり・せんゆう
文化7年生まれ。那珂郡大宮町若林の人。名は僖左衛門。萩谷☆喬(☆は「僊」からにんべんをとる)の門人。絵の傍ら検地の仕事もした。明治10年、68歳で死去した。

茨城(10)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の古書画人名事典

12人の挑戦 -大観から日比野まで-
茨城新聞社









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.