UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

秋田(15)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

昭和期の画家(2)
牧野昌広
明治16年本荘市中横町生まれ。本名は昌造、雪僊の孫。18歳で上京し、小林清親に学び、のちに郷土の先輩・寺崎広業に師事した。身体が弱く、十分に実力を発揮できなかった。昭和14年東京で死去。

伊藤春興
明治27年横手市生まれ。本名は粂之助。少年時代に近所に住んでいた柴田棋渓に手ほどきを受けた。師の棋渓は京都の幸野楳嶺の門人で幅広い知識を持っていたため、春興も修業中に古今の絵画知識を広めることができたようで、いろいろな流儀の絵を描いたが、特に四条派の山水、花鳥、人物を得意とした。絵のほかに音楽、書道を趣味とし、横手で書道研究会を開いていた。昭和16年5月死去。

荘司半仙
明治3年7月3日由利町町村生まれ。荘司義敦の長男。代々神職だった。絵は牧野雪僊に学んだ。明治24年から43年まで小学校教師。昭和19年4月14日、74歳で死去した。

鈴木大祥
明治16年北秋田郡森吉町阿仁前田の名家・佐藤家に生まれ、神官の鈴木家の養子になった。大館中学を卒業後に上京して洋画を学び、帰郷後は森吉神社に奉仕した。その合間に地元の庄司穂軒に日本画を学び、のちの再び上京して小室翠雲に師事した。昭和19年11月11日死去。

柴田松谷
明治23年横手市上田中生まれ。南谷の孫、楳渓の子。京都美術学校、次いで京都絵画専門学校に入学し、森本東閣や木島桜谷に四条派を学んだ。この時期に竹内栖鳳、山元春挙、菊池芳文らにも教えを受けた。京都から帰って一時横手高女の絵画教師をしていたが、こんどは東京に出て、川合玉堂について学んだ。昭和20年死去。

矢野文川
明治9年生まれ。本名は健蔵。佐竹北家の士族操八郎の長男。角館小、刈和野小を経て、明治34年からは中仙町長野小校長を務めた。42年長男の大学進学のため横浜に転居、近郊の小学校教師となる。近くに南画家の征田文圃がいたので絵を習い、師に一字を譲り受けて雅号とした。昭和21年10月21日死去。

藤林豊稔
明治31年西仙北町刈和野字刈和野生まれ。本名は豊治郎。兄の柴関も日本画家。青年時代に上京し川端画学校日本画科に学び、帝展に《松》を出品した。昭和24年死去。

藤林柴関
明治28年生まれ。本名は喜一郎。豊稔の兄。平福百穂の白田舎に学び、光風会や院展に出品した。その後中央と秋田を行き来していたが、昭和35年大宮市で死去。

伊坂天坊
明治12年横手市新町生まれ。本名は新之助。別号に旭江、胡山がある。はじめ横手の木町の樋渡漆屋に奉公し、まき絵職人になった。まき絵の下絵を習っているうちに絵に興味を持ち、志を立てて上京、寺崎広業の門に入った。その後、台湾にわたり逓信省郵務官という肩書きで30年いて、東京に戻り久我山に住んだ。被災後は秋田県内を放浪、晩年には、肩からいくつもの布袋をさげ、洗面器から嗜好品までそれに入れ、自製の特大ウチワで懐に風を入れながら、夏の道を旅した。請われると軽妙に筆を走らせ、山水や人物を描いたという。昭和27年死去。

信田邦彦
明治18年昭和町大久保の円福寺に生まれた。本名は鉄治。玉常智仙の三男。大久保小を出ると、父の勧めで会津柳津の円蔵寺や京都妙心寺で修業した。花園中学を卒業すると、一転して京都絵画専門学校に入り、竹内栖鳳に手ほどきを受けた。同窓に土田麦僊や石崎光瑤がいる。卒業すると新進画家として注目されたが、兄の死などのため大正9年に帰郷、智詰和尚と称して千軒近い檀家をかかえた。絵は四条派で、禅画を得意とした。本来は信太の姓だが、京都から秋田に帰るとき役場の手違いで信田となり、そのまま信田とした。昭和34年死去。

秋田(15)-ネット検索で出てこない画家

文献:秋田書画人伝

日本の美術 no.327 小田野直武と秋田蘭画
クリエーター情報なし
至文堂









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.