UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

茨城(1)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

秋山蘭谷 あきやま・らんこく
水戸藩士。通称は熊之介。渡辺崋山の門人。花鳥人物を得意とした。天保年間に死去。

赤荻丹崖 あかおぎ・たんがい
文化4年生まれ。名は徹、字は元徹、通称は順平。結城の人で江戸で生まれた。代々幕府に仕えており、赤荻欣左衛門の二子。漢籍に精通した儒者で、はじめ春木南湖に、南湖没後は谷文晁に師事した。諸国を遊歴、山水を得意とした。弘化5年2月に結城をたち、江戸の兄の家で42歳で死去した。

雨宮荊城 あまみや・けいじょう
名は圭。はじめ立原杏所に学び、のちに松平雪山の門人となった。山水を得意とした。文久年間に死去。

朝倉玉蘭 あさくら・ぎょくらん
明治19年生まれ。水戸の人。朝倉政通の娘。松平雪江の門に学び、出藍の名があったが、明治39年21歳で死去した。

粟野千秋 あわの・せんしゅう
明治16年結城郡玉村大字原宿生まれ。下妻市に住み、現在の下妻一高の図画教師を務めた。水彩画を研究して山水花鳥をよくした。画道のほかに剣道、尺八もたしなんだ。

池田知足 いけだ・ちそく
水戸藩の御用絵師、阿亥といった。山内伊村の門人。安政年間に死去。

飯島鐸斎 いいじま・たくさい
水戸の人。名は金平。別号に竹外堂がある。松平雪山の門人。明治初年頃死去。

生駒月處 いこま・げつしょ
水戸の生まれ。幼名は吉五郎。生駒貞応の養子となり、安政元年家督を継いだ。名は応、通称は誠蔵。はじめ立原杏所に学び、後に椿椿山に、さらに松平雪山に師事した。人物山水を得意とした。明治初年頃死去。

石井石欄 いしい・せきらん
明治初期の久慈郡磯初村の人。名は良知。東京に出て四条派を研究した。花鳥人物を得意とした。

岩間東芝 いわま・とうし
文化8年生まれ。名は平治郎。水戸の人で、下市茅根家より養子となった。目薬北斗香の薬舗の主人。明治8年死去。

飯田晴圃 いいだ・せいほ
真壁郡下妻の人。奥原晴湖の門人。明治20年死去。

伊藤耕洲 いとう・こうしゅう
嘉永5年生まれ。現江戸崎町高田の人。本名は弥六。明治4年に福島柳圃の門に入り画の六法を研究、明治11年関西諸国を遊歴した。のちに県会議員になった。明治43年、59歳で死去した。

伊東俊了 いとう・しんりょう
天保4年生まれ。結城郡袋村に住んでいた。伊東照広の子。嘉永元年より小田寿山に学び、その皆伝を受け、文久元年に西京大谷派本願寺画師となり、雲谷と号した。

茨城(1)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の古書画人名事典

あなたの知らない茨城県の歴史 (歴史新書)
洋泉社









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.