UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。

「 投稿者アーカイブ:yuagariart 」 一覧

横山大観、菱田春草らを率いて新日本画の創造運動を推進した岡倉天心

明治10年代、東京大学の教師として招かれた米国人アーネスト・フェノロサは、日本美術の優秀性を強調し、伝統的狩野派の様式に西洋画を折衷した新しい日本画を作り出そうとした。その頃、東京大学の学生だった岡倉 ...

日本初のイコン画家・山下りん

常陸国笠間藩(現在の茨城県笠間市)の笠間藩士の家に生まれた山下りん(1857-1939)は、15歳の時に嫁入り話を嫌って家出して上京、一度は連れ戻されたが、家人を説得して再び上京し、浮世絵や日本画を学 ...

高山植物研究家としても活躍した水彩画家・五百城文哉

五百城文哉(1863-1906)は、水戸藩士の家に生まれ、幼少期を水戸で過ごしたのちに上京、明治17年に農商務省山林局で標本を描く仕事に就いた。また、同時に高橋由一や小山正太郎の画塾に通い本格的に洋画 ...

近代歴史画の開拓者・二世五姓田芳柳

下総国沓掛(現在の茨城県坂東市沓掛)の大工の棟梁の家に生まれた二世五姓田芳柳(1864-1943)は、明治11年、父方の従兄弟を頼って上京し、五姓田義松に師事した。明治13年、師の父である初世芳柳の養 ...

今村紫紅や速水御舟らを育てた美術教育者としても名高い歴史画家・松本楓湖

松本楓湖(1840-1923)は、常陸国河内郡寺内村(稲敷市寺内)に漢方医である松本宗庵の三男として生まれた。嘉永6年江戸に出て、狩野派の沖一峨の内弟子となり頭角を現わすが、安政2年に師一峨が没すると ...

両国中村楼での書画会で画名を高め東京南画界で活躍した猪瀬東寧

下総国豊田郡三坂新田(現在の茨城県常総市)に生まれた猪瀬東寧(1838-1908)は、19歳の時に画家を志し、故郷を出奔して京都に出た。京都では公卿姉小路公知の家僕として仕え、翌年公知の世話で日根対山 ...

幕末・明治初期における南画隆盛の一翼をになった女性南画家・奥原晴湖

奥原晴湖(1837-1913)は、古河藩重臣・池田政明の四女として下総国古河城下片町(現在の茨城県古河市)に生まれ、家老の鷹見泉石に学問を学び、藩士の枚田水石に画を学んだ。さらに古名画の模写によって画 ...

伝統と奇想が相克する多彩な画業を展開した反骨の画鬼・河鍋暁斎

河鍋暁斎(1831-1889)は、天保2年に下総国古河(現在の茨城県古河市)の城下に生まれ、数え2歳の時に家族とともに江戸に出た。7歳で浮世絵師・歌川国芳のもとで画を学び、10歳で駿河台狩野家の前村洞 ...

水戸の三画人に影響を与えた伊勢の画僧・月僊

水戸の三画人と呼ばれる林十江、立原杏所、萩谷セン喬の3人が、そろって影響を受けたとされるのが、伊勢の画僧・月僊(1741-1809)である。月僊は名古屋に生まれ、十代で江戸の増上寺に入り、修行のかたわ ...

林十江や立原杏所とともに「水戸の三画人」といわれた水戸藩士・萩谷セン喬

※萩谷セン喬の「セン」は「僊」の「ニンベン」をとった字 萩谷セン喬(1779-1857)は、林十江の2年あとに水戸藩士の家に生まれ、奥右筆や書院番などをつとめ、屋敷は水戸城下の下梅香にあった。諸家に学 ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.