UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

茨城(7)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

田原南塘 たはら・なんとう
安永6生まれ。江戸の人、鶴沢探索に学び、水戸在の勝僮寺住職に請われ仏画を描いた。円山応挙の師匠といわれる。水戸谷中の桂岸寺にも関係があり、太田屋与衛門の知遇を得て与衛門に伴われて京畿南海を遍歴した。文政7年、49歳で死去した。

竹田治右衛門 たけだ・じうえもん
龍ヶ崎の人。号は楽山。

竹山南圭 たけやま・なんけい
下館の人。名は伝。谷文晁の門人。花鳥人物をよくした。安政元年頃死去。

高野雪塘 たかの・せつとう
水戸市下市の人。林十江の従弟。松平雪山の門人。花鳥をよくした。明治初年頃死去。

高橋月庵 たかはし・げつあん
水戸の人。名は明。別号に月湾がある。春木南溟の門人。山水をよくした。

田所静山 たどころ・せいざん
天保3年生まれ。常陸太田の人。名は秀次市郎。田所静年の子、画を父に学んだ。太田近在で屏風などの作品がみらえる。明治2年、38歳で死去した。

武弓其年 たけきう・きねん
文化11年生まれ。現常陸太田市の人。名は義生。画を宇佐美太奇に学び、山水をよくした。通称「紋其」と称し家紋の師匠もした。明治26年、80歳で死去した。

竹内隆節 たけうち・りゅうせつ
天保3年生まれ。久慈郡世矢村の人。名は誠。野沢白華に師事し、医業のかたわら書画をよくした。江戸末期の検地や年貢の収納などの仕事もした。明治26年、62歳で死去した。

武石鴎崖 たけいし・おうがい
天保3年生まれ。水戸市十軒町の人。名は清。別号に李陽外史がある。水戸藩に仕え、松平雪山に学んだ。明治42年、78歳で死去した。

多田晴圃 ただ・せいほ
天保6年生まれ。名は彦兵衛。福島柳圃の門人。作品は県内の醤油醸造業者宅に残っている。

武石耕崖 たけいし・こうがい
明治4年生まれ。水戸市十軒町の人。名は胤昌。武石鴎崖の子。信越地方を遊歴し、新潟に7年留まったのちに、父の死後帰郷した。大正2年、42歳で死去した。

武石恵所 たけいし・けいしょ
水戸の人。武石耕崖の弟、武石鴎崖の子。東京に出て水野年方の門に入り、浮世絵を学んで水戸に帰り、父に花鳥を学んだ。

高島靄湖 たかしま・あいこ
明治元年生まれ。名は雪松。はじめ松本楓湖に人物画を学び、のちに京都で今尾景年の門人になった。さらに中国の元明南北両派を研究し、花鳥人物をよくした

高橋華屋 たかはし・かおく
水戸市谷中の人。名は於免。早くから東京に出て渡辺小華の門に入り、花鳥を得意とした。

茨城(7)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の古書画人名事典

KENPOKU ART 2016 茨城県北芸術祭 公式ガイドブック
生活の友社









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.