UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

茨城(8)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

高野天民 たかの・てんみん
明治27年生まれ。名は秀夫、別号に恒山、玉州がある。上京して滝和亭につき南画を学び、のちに古沢雪田の門人となった。郡司硯田は天民の高弟。昭和57年、89歳で死去した。

竹内柳蛙 たけうち・りゅうあ
猿島郡境町の人。名は茂。河鍋暁斎の画風を慕い、門人の真野亭に学んだ。

力石遷交 ちからいし・せんこう
水戸藩士。通称は勘五郎。花鳥人物をよくした。

辻玄順 つじ・げんじゅん
享和3年生まれ。名は安正、号は湖堂。土浦藩医の家に生まれ、紀州和歌山藩医・華岡青州の門に学び、抜擢されて塾頭になった。明治13年、78歳で死去した。

塚本万之助 つかもと・まんのすけ
現河内村平川の人。号は萍川知新。鈴木鵞古に学び、東山、北陸を周遊した。小野蓬善寺に作品が残っている。大正14年頃死去。

塚本雪湖 つかもと・せつこ
明治3年生まれ。東茨城郡稲荷村の人。名は亮、通称は亥之次郎。松平雪江に学び、のちに高久隆古を慕い、人物画をよくした。昭和8年、64歳で死去した。

坪井上之丞 つぼい・うえのじょう
明治22年生まれ。岩瀬町本郷の人。若年より絵を好み、玉水と称した。中年に至って木村武山に師事し、号をム一とした。俳人でもあり翠泉と号した。昭和50年、87歳で死去した。

寺山静峰 てらやま・せいほう
那珂郡戸田村の人。明治・大正期の四条派の画家で《軍鶏と芭蕉》などの作品が残っている。

等本 とうほん
永正年間の常陸国出身の画僧。画法は雪舟、周文の流れをくみ、花鳥をよくした。作品は扇面が多く、関東・東北地方にみられる。

富田呉舟 とみた・ごしゅう
水戸の人。松平雪山の門人。花鳥を得意とした。

戸祭友古 とまつり・りゅうこ
文政11年生まれ。名は為之介。椿椿山の門人で花鳥をよくした。また人見淇堂について画法を研究した。明治2年、42歳で死去した。

豊田笠州 とよだ・りゅうしゅう
明治7年生まれ。水戸市馬口労町の人。別号に静観などがある。はじめ松平雪江に学び、のちに上京して松本楓湖に師事した。

富永雪旦 とみなが・せったん
明治9年生まれ。名は榮松。はじめ松平雪江に学び、上京して望月玉泉に師事した。明治44年第6回美術展覧会に《西山穏栖》を出品。大正2年、38歳で死去した。

茨城(8)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の古書画人名事典

現代茨城美術家名鑑
茨城新聞社









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.