UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・茨城 日本画家 歴史画

今村紫紅や速水御舟らを育てた美術教育者としても名高い歴史画家・松本楓湖

投稿日:

松本楓湖「伊賀局」

松本楓湖(1840-1923)は、常陸国河内郡寺内村(稲敷市寺内)に漢方医である松本宗庵の三男として生まれた。嘉永6年江戸に出て、狩野派の沖一峨の内弟子となり頭角を現わすが、安政2年に師一峨が没すると、翌3年には佐竹永海の門人となった。

幕末は剣術を学び、尊皇派の志士と交わり奔走したが、明治に入ると画業に専念し、近代的な歴史画を創始した菊池容斎に師事し、その画風を継承した。その後は、日本美術院創設に参加し、初期文展の審査員をつとめるなど、明治画壇の重鎮として活躍した。一方で浅草に安雅堂画塾を開き、今村紫紅や速水御舟ら大正・昭和期の日本画壇の中心となる画家を育て、すぐれた美術教育者としても名を高めた。

松本楓湖(1840-1923)まつもと・ふうこ
天保11年常陸国河内郡寺内村生まれ。名は敬忠、通称は藤吉郎。嘉永6年江戸に出て狩野派の沖一峨の内弟子となり洋峨と号した。師の没後は佐竹永海に師事し、永峨と改めた。幕末、剣術を学び尊皇派の志士と交わり奔走したが、明治に入り画業に専念し、明治元年頃菊池容斎に師事し、歴史人物画を学び、楓湖と号した。その後、浅草に安雅堂画塾を開いた。明治14年宮内省から刊行された『幼学綱要』全7巻の挿絵で名が広まり、『婦女鑑』をはじめ多くの教科書、新聞、雑誌に挿絵を寄せ、明治25年からは自ら編集主任になった『日本歴史画報』を刊行した。明治28年第4回内国勧業博覧会で妙技三等賞。明治29年門下生による巽画会顧問。明治30年荒木十畝らによる日本画会結成に参加。明治31年日本美術院創立に正員として参加、第1回展で審査員をつとめた。明治40年東京勧業博覧会で一等金賞を受賞、文展で審査員をつとめた。大正8年、84歳で死去した。

茨城(17)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の画人、茨城県立歴史館報(12)、北関東の近代美術









-画人伝・茨城, 日本画家, 歴史画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.