UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

茨城(2)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

池田阿彦 いけだ・あひこ
明治年間の画家。水戸藩の画員池田養信の子。代々狩野派だったが、時の藩主の命により住吉弘定に学んだ。

岩間華仙 いわま・かせん
明治16年生まれ。名は久子。岩間東芝の孫。梅津霞峰の門に入り山水を学び、のちに相馬寛哉に花鳥を学んだ。大正13年、32歳で死去した。

飯田芳文 いいだ・ほうぶん
明治元年生まれ。鹿島郡松川藩の人。津島寿山の門人。茨城県女子師範、水戸高女の図画教師を勤め、退職後も画技を研究し茨展などに出品した。昭和15年、73歳で死去した。

磯山六郎 いそやま・ろくろう
明治40年笠間市荒町生まれ。16歳で木村武山の門に入り、青々と号した。昭和13年院展に入選、以後昭和17年まで連続入選。昭和19年5月17日、38歳でニューギニアで戦死した。

雲友 うんゆう
明和元年生まれ。常州の人。鼠除猫の絵を得意とし、京洛中この絵を描き歩いたと『白心伝』に記載されている。安永3年頃死去。

宇佐美竹城 うさみ・ちくじょう
常陸大田の宇佐美太奇の子。名は翼。水戸市雷神町前で父の画法を伝えて、花鳥を得意とした。のちに江戸に出て英語を学び、写真を研究し、明治5年に雷神前で写真館を開業した。明治22年死去。

恵鶴椿南 えつる・ちんなん
寛政6年生まれ。古河の人。早瀬清蔵の長男。名は寿、字は芥舟。椿椿山の門人で南画をよくした。妻は雲幹。明治3年、75歳で死去した。

恵鶴雲幹 えつる・うんかん
文化元年潮来生まれ。亀坂京助の長女、名はせき、女性画家として南画の山水をよくした。夫は椿南。明治22年、86歳で死去した。

海老沢柳糖 えびさわ・りゅうとう
明治20年生まれ。下館の人。橋本雅邦の長男・秀邦に絵を学んだ。

小栗宗甫 おぐり・そうほ
長禄頃の画家。小栗宗舟の弟、画を兄に学んだ。

小栗宗佐 おぐり・そうすけ
永正年間の画家。小栗宗舟の子、画を父に学び、これより代々宗佐と称した。

越智凌雲 おち・りょううん
慶応年間の人。水戸藩士。名は兼良。松平雪山の門人で、花鳥山水を得意とした。

岡野梅老 おかの・ばいろう
文化元年生まれ。古河藩士。名は為治。漢詩、和歌、俳句、南画をよくし、使番用人などを勤めた。渡辺崋山に師事した。枚田水石と親戚筋で、奥原晴湖にも影響を受けた。明治5年死去。

茨城(2)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の古書画人名事典

茨城県の歴史散歩
山川出版社









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.