画人伝・新潟 洋画家 風俗図・日常風景

竹谷富士雄ら昭和期の在野団体で活躍した新潟の洋画家

竹谷富士雄「モンマルトルの暮色」新潟市美術館蔵

竹谷富士雄「モンマルトルの暮色」新潟市美術館蔵

昭和に入ってからの日本の洋画界は、ヨーロッパの美術動向を敏感に反映し、昭和6年に独立美術協会が、昭和11年には新制作派協会(現在の新制作協会)が結成されるなど、新たな美術団体の誕生が相次ぎ、そうした在野団体に所属した洋画家たちの活躍が目立ってきた。

新潟県関係では、二科会出品後に新制作派協会に転じた竹谷富士雄をはじめ、国画会の佐藤哲三、田中道久、自由美術協会の千原三郎、独立美術協会の富樫寅平、鳥居敏文、二科会の佐藤吉五郎、桑原実、美術文化協会の阿部展也らが個性的な画風で頭角をあらわした。

新潟県五泉市に生まれた竹谷富士雄(1907-1984)は、法政大学経済学部を卒業後に渡仏し、シャルル・ブラン研究所や林武のアトリエに通って絵を学び、帰国後は藤田嗣治に師事して二科展に出品したが、その後新制作派協会に転じて会員となった。昭和36年以降延べ10年間パリで制作し、フランス的エスプリを感じさせる華麗な世界を展開し、マルセル・ギヨで2回個展を開催した。

竹谷富士雄(1907-1984)たけや・ふじお
明治40年五泉市生まれ。村上中学校卒業後に上京、大正元年太平洋画会研究所に入所した。昭和6年法政大学経済学部を卒業し、翌年、25歳の時に渡仏、シャルル・ブラン研究所と林武のアトリエに通い、昭和10年に帰国した。帰国後は藤田嗣治に師事し、昭和11年第23回二科展に初入選。昭和15年第27回二科展で佐分賞を受賞し、二科会会友に推挙されたが、その後新制作派協会に転じ、昭和17年第7回新制作派協会展で新作家賞を受賞、翌年も同賞を受賞して会員となった。戦後はピッツバーグ国際展、日本国際美術展、日本現代美術展など多くの展覧会に出品した。昭和59年、76歳で死去した。

田中道久(1915-1981)たなか・みちひさ
大正4年加茂市生まれ。名は武久。村松中学校を卒業後に上京し東京美術学校に入学、小林萬吾に師事した。同期に荻太郎、浜田知明、西村愿定らがいた。在学中の昭和13年第22回国展に初入選した。昭和14年東京美術学校を卒業、一時、新潟工業高校の美術教師をつとめた。昭和23年第22回国展で国画奨学賞を受賞、昭和28年に会員となった。昭和56年、66歳で死去した。

千原三郎(1905-1985)ちはら・さぶろう
明治38年柏崎市生まれ。東京高等工芸学校を卒業後、昭和6年に発足した独立美術協会の第1回展に入選し、以後同展に出品を続けたが、戦後は自由美術協会に移り、昭和27年に会員となったが、昭和45年に同会を退会し、以後は無所属として個展などで発表を続けた。昭和36年から62年まで渡仏。跡見学園女子大学、同短期大学の美術科教授として、美術教育にも力を注いだ。昭和60年、80歳で死去した。

富樫寅平(1906-1951)とがし・とらへい
明治39年新発田市生まれ。大正11年県立新発田商業学校を卒業し、昭和3年に上京して二科技塾に入った。昭和4年二科展に初入選したが、昭和6年に発足した独立美術協会の第1回展に入選し、以後同展に出品を続け、昭和12年第7回独立展で独立賞を受賞、昭和18年に会員となった。北原白秋と親交があり、白秋の詩集の挿絵を描いた。昭和26年、41歳で死去した。

鳥居敏文(1908-2006)とりい・としふみ
明治41年村上市生まれ。昭和6年東京外国語学校(現在の東京外語大学)独語科卒業。昭和7年渡欧。パリでシャルル・ブランのちに林武に師事。昭和14年第9回独立展で協会賞を受賞。昭和18年第13回独立展で岡田賞。同年文展無鑑査出品。昭和21年独立美術協会の会員となった。昭和38年第31回独立展でG賞受賞。昭和46年日本美術家連盟委員となり、昭和53年同連盟監事となった。昭和56年ソ連邦文化省招待によるソビエト写生旅行に参加。昭和63年新潟市美術館の主催で鳥居敏文展が開催された。平成18年、98歳で死去した。

佐藤吉五郎(1910-1986)さとう・きちごろう
明治43年西蒲原郡巻町(現在の新潟市)生まれ。昭和6年絵画仲間とともに四泉会を結成。昭和8年県展に初入選。昭和9年県展特選。昭和12年県展会員となった。昭和13年第25回二科展に初入選、以後入選を続け、昭和15年第27回二科展で特待賞を受賞、昭和22年会員となった。昭和28年東京に移住。昭和45年第55回二科展で東郷青児賞を受賞した。この間、藤田嗣治、岡田謙三に師事した。昭和61年、76歳で死去した。

桑原実(1912-1979)くわばら・みのる
明治44年南魚沼郡塩沢町(現在の南魚沼市)生まれ。ほどなく長岡市に移った。昭和4年県立長岡中学校を卒業して上京、川端画学校を経て東京美術学校図画師範科に入学した。同期には新発田市出身の上野省策がいた。昭和8年同校を卒業し、同年江戸川小岩小学校の図画教師となった。昭和9年二科展に初入選、昭和22年会員となった。昭和30年東京芸術大学に迎えられ、のちに教授となった。昭和54年、67歳で死去した。

新潟(48)-画人伝・INDEX

文献:新潟の絵画100年展、新潟の美術、越佐の画人、新潟市美術館 全所蔵作品図録(絵画編)、ふるさとの作家たち展(新潟市新津美術館)、 越佐書画名鑑 第2版




-画人伝・新潟, 洋画家, 風俗図・日常風景

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5