画人伝・熊本 円山四条派 日本画家 山水・真景

大正・昭和期の熊本の日本画家

福島峰雲「球磨川真景」(部分)熊本県立美術館蔵

明治後期から大正にかけて、京都や東京の美術学校や画塾で学んだ青年画家たちが次々と帰郷し、大正・昭和期の熊本日本画壇を担った。東京美術学校を卒業後、母校の教師となった甲斐青萍(1882-1974)、福岡県で図画教師をつとめた下林素光(1885-1940)をはじめ、松田蘇雪、大畑壺畔らは、中央画壇で作品を発表することはほとんどなく、熊本での制作活動に終始し、美術教育の指導者として尽力した。また、東京で堅山南風に絵の指導をしていた福島峰雲(1877-1948)も、その後帰郷し熊本に定着した。

彼らは、洋画家の青木彜蔵らによって組織された「九州美術会」の日本画部門の幹部的立場として、同会の存続と発展に少なからぬ役割を果たし、熊本美術界の発展に貢献した。

東京在住で活動した日本画家としては、東京美術学校に学び、ともに日展を舞台に活躍した川本末雄(1907-1982)と浦田正夫(1910-1997)がいる。川本は落選続きだった花鳥画に見切りをつけ、自然の素直な描写による風景画に転向してから開花、日展で受賞を重ね、日本芸術院恩賜賞を受賞した。高橋廣湖を伯父に持つ浦田は、画家の家系に生まれ、5歳で上京、東京美術学校日本画科と共に洋画も研究、画風に幅を広げ、日本芸術院会員となり日展重鎮として活躍した。また、石井了介(1898-1984)は東京美術学校日本画科に学び、平福百穂に師事したが、従姉婿である山本鼎に版画を学び、晩年は多色刷の木版画を制作した。

福島峰雲(1877-1948)
明治10年熊本市生まれ。名は利信。はじめ杉谷雪樵の門下高木樵峯について四条派を学んだ。明治40年上京し、諸家を訪ね絵の研究を重ねた。この頃熊本で堅山南風に絵の指導をしていた。その後は熊本に定着し、熊本での発表にとどまったが、九州美術会の幹事の一人として活躍した。昭和23年、71歳で死去した。

甲斐青萍(1882-1974)
明治15年熊本県上益城郡生まれ。名は英雄。はじめ熊本で高橋廣湖に学んだ。県立熊本中学校を経て、東京美術学校日本画科に入学、下村観山、小堀靹音に師事した。明治42年卒業し、翌年から昭和14年まで、母校熊本中学校の美術教師をつとめ、この間、九州美術会日本画部門の中心人物として活躍した。家系が細川藩に仕えた武士であったせいもあり、美術学校時代から有識故実に興味を抱き、特に菊池一族に題材を得た武者絵、歴史画を多く手がけている。馬の名手といわれ、自らも馬に乗って通勤したこともあったという。昭和49年、92歳で死去した。

下林素光(1885-1940)
明治18年熊本市生まれ。本名は繁夫。中学卒業後、東京美術学校日本画科に入学、寺崎広業、結城素明らに学んだ。卒業後、福岡県の中学校の図画教師としてつとめた。中央への出品はほとんどなく、九州美術会を主な発表の場とした。昭和15年、55歳で死去した。

川本末雄(1907-1982)
明治40年熊本県玉名市生まれ。玉名中学校を卒業後上京し、東京美術学校日本画科に入学、松岡映丘に師事した。卒業後、一時会社につとめた後、都内の中学校で教鞭をとった。この間、松岡映丘、山口蓬春に師事し、帝展、新文展に応募するが落選の連続だった。兵役の後、農耕生活を経て、昭和23年日展初入選。以後日展で受賞を重ね、昭和51年に日本芸術院恩賜賞を受賞した。昭和57年、75歳で死去した。

浦田正夫(1910-1997)
明治43年熊本県山鹿市生まれ。祖父は浦田長次郎。伯父は高橋廣湖。大正4年、5歳の時に両親とともに上京した。中学卒業後に松岡映丘に師事、一方で本郷絵画研究所にも通った。昭和4年、東京美術学校日本画科に入学、在学中に帝展に初入選した。津田青楓の主宰する上野洋画研究所の夜学にも通った。昭和26年、山口蓬春に師事、日展で特選、白寿賞、菊華賞、文部大臣賞など受賞を重ね、昭和53年、日本芸術院賞を受賞、昭和63年に日本芸術院会員となった。平成9年、87歳で死去した。

石井了介(1898-1984)
明治31年熊本県玉名郡南関町生まれ。大正5年、旧県立玉名中学校卒業後、京都絵画専門学校で2年間学んだのち、東京美術学校に入学。従姉婿の山本鼎の紹介で平福百穂に師事した。卒業後は、山本鼎の主宰する日本農民美術研究所を手伝い、山本に木版画を学んだ。以後は日本画を描く一方、木版画も制作、従兄にあたる北原白秋の著書の挿絵、装丁も担当した。第8回帝展に日本画で入選、59歳の時には日展に木版画で入選し木版画で10回入選した。85歳の時に《白秋詩歌版画集》を刊行した。昭和59年、86歳で死去した。

熊本(16)-画人伝・INDEX

文献:熊本県の美術熊本の近代日本画




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・熊本, 円山四条派, 日本画家, 山水・真景

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5