UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮城 洋画家 群像

激動の1930年代を駆けぬけた大沼かねよ

更新日:

大沼かねよ「野良」

大沼かねよは、明治38年に宮城県栗原郡岩ケ崎町(現在の栗原市)に生まれ、仙台の女子師範学校を卒業後、東京女子高等師範学校図画専修科を経て、昭和3年に岩手県立水沢高等女学校教諭となり、翌年から東京山谷の浅草正徳小学校の教壇に立った。

小学校で教えながら、石川寅治について絵画を学び、昭和6年に第11回帝展に初入選した。当時の美術雑誌「みづゑ」の記事は、この時の帝展の新傾向として、社会的テーマによる作品の進出をあげ、特に目立った作品として橋本八百二「交代時間」、大沼かねよ「家族」、金子吉彌「失業者」を挙げている。

この時に大沼とともに名前の挙がった金子吉彌は、当時慶応大学医学部に在学していたが、この帝展を機に大沼と知り合い、二人は翌年結婚した。同年金子は卒業し、東京の品川区五反田に医院を開業、大沼は医院の裏の東急池上線高架下に設けたアトリエで制作に励んだ。

同年、大沼は「新写実派」に加わり、さらにこのグループ自体が同年の「新美術団体連盟」の結成に参加した。「新美術団体連盟」は、スローガンに「青年美術家の生活擁護、美術界の更新、自主的展覧会の開催、利益の公平なる配分、作品の相互検討、観客層の拡大」を掲げ、これまでにない美術団体を目指していた。

1930年代の洋画家をとりまく環境は、この新美術団体連盟にみられるように、新しい理想を掲げた美術団体の設立があり、その背景には帝展改組騒動もあり、1930年協会、プロレタリア美術、モダニスムといった芸術運動も盛んに行なわれ、洋画界にとって激動の時代といえる。

昭和11年に夫の金子を病気で亡くし、自身もその3年後に35歳で没した大沼の活動期間はけっして長くないが、激動期ともいえる1930年代の洋画界を駆けぬけ、その時代の典型ともいえる活動をした画家といえる。

大沼かねよ(1905-1939)おおぬま・かねよ
明治38年宮城県栗原郡岩ケ崎町生まれ。父は下駄の製作と販売をしていた。仙台の女子師範学校を卒業後、東京女子高等師範学校図画専修科に入学した。昭和3年に同科を首席で卒業し、岩手県立水沢高等女学校の教諭となったが、翌年上京し、浅草正徳小学校に勤務、そのかたわら石川寅治について絵画を勉強した。昭和5年第一美術協会展、翌年第11回帝展に入選した。その後、槐樹社展、独立美術協会展、新美術団体連盟展などにも出品した。昭和14年、35歳で死去した。

文献:Tohoku/Tokyo 1925~1945 東北の画家たち、仙台市史特別編3(美術工芸)、仙台画人伝、宮城洋画人研究

非常時のモダニズム: 1930年代帝国日本の美術
東京大学出版会







-画人伝・宮城, 洋画家, 群像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.