画人伝・三重 円山四条派 歴史画 風俗図・日常風景 祭・宴会図

伊勢に円山・四条派を広めた岡村鳳水と門人たち

磯部百鱗 左:伊勢音頭図、右:曾我兄弟之図

岡村鳳水の主な門人である上部茁斎、榎倉杉斎、荘門為斎の門からも優れた画家たちを輩出した。とくに上部茁斎の門から出た林棕林(1814-1898)は、江戸に出て谷文晁渡辺崋山らと交遊し名声を高めた。さらに棕林の門からは磯部百鱗らが出て、伊勢における円山・四条派の系譜が確立していった。

林棕林(1814-1898)はやし・そうりん
文化11年生まれ。名は維幸、字は善卿、通称は刑部。神職・松田幸益の子で、神職・林直信の養子となった。13歳で上部茁斎の門に入った。それ以来、昼夜をたがわず、天地間に存在する森羅万象、大は山嶽河海から小は鳥獣蟲魚に至るまで写生し、その写生帳は30余巻に及び、すべてがいい出来だったという。天保7年に彦根の城主・井伊直亮が大老の職につくと、棕林は祈祷師として江戸に上がり、谷文晁、渡辺崋山、春木南湖、鏑木雲潭、椿椿山、大窪詩佛、菊池五山、市河米庵ら多くの文人と交流し、名を高めた。江戸から戻ったのちも、諸国を漫遊し各地の文人たちと交遊した。門人は200人を下らず、その中から磯部百鱗、中野素梅、為田秋齋、溝口春塘らが出た。明治31年、85歳で死去した。

山口耕雪(1810-1849)やまぐち・こうせつ
文化7年生まれ。山田浦口町に住み、幼い頃から画を好み、荘門為斎の門人となって画をよくした。嘉永2年、40歳で死去した。

廣田篁齋(1818-1881)ひろた・こうさい
文政元年度会郡大湊生まれ。名は正陽、別名は範恒常陵、通称は筑後、幼名は丑三郎。大湊八幡の神主・中須左近治興の二男。廣田正方の養子となった。はじめ上部茁斎に学び、のちに京都の横山清暉の門に入った。明治14年、64歳で死去した。

飯田素亭(1821-1871)いいだ・そてい
文政4年山田上中之郷町生まれ。名は和義、幼名は為四郎、諱は御船、俗称は久太夫、のちに久平、公利ともいった。河崎清厚の四男で、飯田家の養子となった。画を好み、上部茁斎について学び「素亭」と号し、のちに横山清暉の門に入って「竹外」と号した。常に囲碁を好んだ。明治4年、51歳で死去した。

林連舟(不明-不明)はやし・れんしゅう
山田中之郷の人。名は周防。幼い頃から画を好み、荘門為斎の門に入って修業し、のちに狩野派風の画を描いた。丹後国で死去した。

三重(14)画人伝・INDEX

文献:三重県の画人伝三重先賢傳・続三重先賢傳、伊勢市史第三巻近世編




おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・三重, 円山四条派, 歴史画, 風俗図・日常風景, 祭・宴会図

© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5