UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

「画人伝・三重」 一覧

現代まで続く円山・四条派の系譜

伊勢には南画をはじめ、狩野派、長崎派、岸派などいろいろな画法を学ぶものがいたが、主流となったのは円山・四条派だった。伊勢に初めて円山・四条派を広めた岡村鳳水の門からは上部斎、榎倉杉斎、荘門為斎が出て ...

隠れたる画家 野村訥斎

度会郡に生まれた野村訥斎(1831-1864)は、地元の住職・慧剣に画を学んだ後、江戸に出て円山派の大西椿年に師事し、4年後に帰郷して地元で制作活動をした。その後、万延元年(1860)年には再び郷里を ...

伊勢に円山・四条派を広めた岡村鳳水と門人たち

岡村鳳水の主な門人である上部斎、榎倉杉斎、荘門為斎の門からも優れた画家たちを輩出した。とくに上部斎の門から出た林棕林(1814-1898)は、江戸に出て谷文晁や渡辺崋山らと交遊し名声を高めた。さら ...

伊勢の円山・四条派

伊勢地方の円山・四条派の画人としては、松阪の曾和温山(1748-1797)が京都に出て四条派を学んでいる。また、歌人でもある垣本雪臣(1777-1839)は松村月渓に師事し、円山派の森徹山の養子である ...

伊勢の狩野派・長崎派・岸派

2015/07/09   -画人伝・三重

伊勢地方の狩野派の画人としては、小川(河)地竹園(1808-1872)が知られている。竹園は内宮の神主を務めていたが、江戸に出て狩野洞益に師事し、伊勢に狩野派の画風を伝えた。また、女性画家の小林珮芳( ...

伊勢の南画

2015/07/06   -画人伝・三重

伊勢地方の南画家としては、尾張の山本梅逸に師事した笠松梅西(1798-1871)、藤本鉄石と交遊し竹中文輔の門に学んだ奥山金陵(1807-1866)、谷口靄山に師事した橋村並子(1816-1884)と ...

伊賀の画人

2015/07/02   -画人伝・三重

伊賀出身の文人としては、全国的に名高い俳人の松尾芭蕉(1644-1694)、江戸中期の俳人・菊岡沾凉(1680-1747)、江戸後期の歌人・田山敬儀(1766-1814)らがいて余技に画をたしなんだが ...

松阪の画人

松阪の文人としては、全国的に名高い国学者の本居宣長(1730-1801)がいる。宣長の門人は伊勢地方にも多くいるが、その中に目立った画業を残したものは見当たらない。他には、北海道の名付け親として知られ ...

拙堂門下と津の画人たち

2015/06/25   -画人伝・三重

川北梅山、中内樸堂と並び、斎藤拙堂門下三傑のひとりに数えられる土井ゴウ牙もまた書画をたしなみ、墨竹を多く残した。また、ゴウ牙の三男・宮橋慥軒、娘婿の須山素朴、拙堂に師事した櫻木春山、拙堂の子・斎藤誠軒 ...

斎藤拙堂の門人・宮崎青谷とその周辺の画人

2015/06/23   -画人伝・三重

津藩士として藤堂家に仕えた斎藤拙堂(1797-1865)は、漢学者として名高く、多くの儒学者や文人と交流し、土井ゴウ牙、川北梅山、中内樸堂をはじめ多くの門人を育てた。その中には宮崎青谷のように画人とし ...

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.