画人伝・秋田 狩野派 歴史画

秋田藩江戸定居の御用絵師・狩野秀水と菅原洞斎

更新日:

菅原洞斎「官女」千秋文庫蔵

藩政時代の秋田藩御用絵師は、秋田狩野派の祖とされる狩野定信の画系が代々つとめていたが、その系列とは別に第9代秋田藩主・佐竹義和の時、狩野秀水(不明-不明)が江戸定居の御用絵師となり、秋田の年中行事を記した「風俗門状答」の挿絵を描いている。秀水の出生は不明だが、斎藤織部という足軽の子という説もある。

秀水の弟・菅原洞斎(1772-1821)も、秋田藩江戸定居の御用絵師をつとめた。江戸下谷の三味線堀に住み、妻は谷文晁の妹紅藍で、洞斎の子・洞旭は谷文晁の妹を妻にした。鑑定家、文化人としても著名で、『画師姓名冠字類抄』の著書がある。文化3年から月1回の古書画会を開催していたらしく、それには少なくとも谷文晁、渡辺崋山、屋代弘賢、加藤曳尾庵、石川大浪、檜山坦斎、山崎宗脩、立原杏所が参加していたと考えられている。

『画師姓名冠字類抄』は、絵師の伝記や落款・印章を集めたもので、古書画会などを通じて収集した情報の集大成と思われる。

狩野秀水(不明-不明)かのう・しゅうすい
秋田藩江戸定居の御用絵師。名は求信、由明、宗珉。別号に蒼雪庵、東桜山人などがある。菅原洞斎の兄とされるが、洞旭の嫡男が洞斎で、次子が秀水という記述もある。藩主・佐竹義和に絵を教え、文化7年に一代御用絵師として抱えられた。門人としては、佐竹義和をはじめ、横手戸村氏お抱え絵師の狩野秀東、桧山多賀谷家お抱え絵師の五十嵐蠹仙らがいる。

菅原洞斎(1772-1821)すがわら・どうさい
安永元年生まれ。秋田藩江戸定居の御用絵師。名は庫徳、由之、字は正朴。別号に阮塘、緑池がある。鑑定家としても著名で、絵師の伝記や落款・印章を集めた『画師姓名冠字類抄』の著書がある。文政4年、50歳で死去した。

秋田(12)-ネット検索で出てこない画家

文献:秋田県立博物館収蔵資料目録、秋田蘭画とその時代展、秋田書画人伝







-画人伝・秋田, 狩野派, 歴史画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.