画人伝・新潟 洋画家 風俗図・日常風景

日本的洋画を目指して福田平八郎ら日本画家と六潮会を結成した牧野虎雄

牧野虎雄「磯」宮城県美術館蔵

牧野虎雄「磯」宮城県美術館蔵

新潟県中頚城郡高城村(現在の上越市)に生まれた牧野虎雄(1890-1946)は、5歳の時に新潟を離れ、一家で東京に移住した。日本中学(現在の日本学園高等学校)在学中に画家を志し、白馬会の葵橋洋画研究所で学び、明治41年、18歳で東京美術学校西洋画科に入学した。

同校在学中の大正元年、第6回文展に初入選し、以後も文展に出品、第10回文展、第12回文展で特選となった。大正8年に文展が改組され帝展になると、第1回展から無鑑査出品となり、大正11年、32歳で帝展審査委員をつとめた。

大正13年には、高間惣七、田辺至、大久保作次郎、熊岡美彦らと「槐樹社」を結成、第1回展に19点の作品を大量発表するなど、精力的な活動を通して日本洋画壇での地位を固めていった。

さらに、日本画的表現をする一方で油彩表現を崩さない「日本的洋画」を目指し、昭和5年、日本画家の福田平八郎、中村岳陵、山口蓬春に、洋画家の中川紀元、木村荘八、さらに外狩素心庵、横川毅一郎の美術評論家を加えて「六潮会」を結成し、この会での活動を通して、次第に日本画的装飾性を打ち出すようになる。

その後も帝展を中心に槐樹社、六潮会に出品していたが、昭和7年に槐樹社は解散し、旧槐樹社同人が発起人となって、昭和8年に牧野を盟主とする「旺玄社」(のちに旺玄会と改称)が結成され、東京府美術館で第1回展が開催された。

その間、昭和4年に開校した帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)の西洋画科教授となり、昭和10年にはそれを辞して同年開校した多摩帝国美術学校(現在の多摩美術大学)の西洋画科主任教授をつとめ、後進の育成にも力を注いだ。

昭和10年、帝展改組が行なわれ、その際に在野の有力画家を取り込もうとする動きがあったため、それに反発して帝展をやめ、以後は官展へは出品せず、旺玄社や六潮会、個展を中心に作品を発表した。

そのような状況のなか、牧野の画風はさらに日本画・南画的傾向を強めていったが、目指していた「日本的洋画」の完全な成熟を果たせぬまま、健康を害して56歳の生涯を閉じた。

牧野虎雄(1890-1946)まきの・とらお
明治22年中頚城郡高城村(現在の上越市)生まれ。5歳の時に一家で東京に移った。日本中学校3年の時に、白馬会洋画研究所で洋画を学び、明治41年東京美術学校西洋画科に入学、黒田清輝藤島武二の指導を受けた。在学中の大正元年第6回文展で初入選。大正5年の第10回文展、大正7年の第12回文展で特選となった。帝展では第1回展から無鑑査出品となったが、帝展改組後は官展への出品をやめた。大正13年槐樹社の結成に参加、昭和8年の同会解散後は、自ら旺玄会を主宰した。昭和4年帝国美術学校洋画科教授に就任し、翌年福田平八郎らと六潮会を結成。同年帝展審査員。昭和10年多摩帝国美術学校の創設に参画し、洋画科主任教授となった。昭和21年、56歳で死去した。

新潟(29)-画人伝・INDEX

文献:新潟の絵画100年展、新潟の美術、越佐の画人、 新潟市美術館 全所蔵作品図録(絵画編)、越佐書画名鑑 第2版




-画人伝・新潟, 洋画家, 風俗図・日常風景

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5