UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・茨城 画僧・武人 動物画

雪村に院体画法を伝えた常陸太田の耕山寺の僧・性安

投稿日:

図1:性安「蟹図」栃木県立博物館蔵

図2:雪村「葛花、竹に蟹図」群馬県立近代美術館蔵

性安(不明-不明)は、雪村と関係の深い常陸国太田村(現在の常陸太田市)の耕山寺の僧で、江戸期の画譜類には祥啓に学ぶとあるだけで、詳しい経歴は分かっていない。

性安の作品は図1の「蟹図」が知られるのみだが、本図にみられる中国宋元明の職業画家による緻密で写実的な表現(院体画法)は、祥啓が関東にもたらしたもので、それが性安そして雪村へと受け継がれ、雪村の「葛花、竹に蟹図」(図2)などが制作されたと考えられている。

参考:会津・三春で活動した戦国時代の奇想の画僧・雪村周継

性安(不明-不明)せいあん
常陸国太田村の耕山寺の住職で、画法を祥啓に学んで梅庵と号した。山水、花鳥をよく描き、画風は周文に似ていたという。82歳で死去した。

茨城(3)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の画人、茨城県立歴史館報(12)、型とイメージの系譜 関東水墨画、中世にみる型とイメージの系譜 関東水墨画の200年









-画人伝・茨城, 画僧・武人, 動物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.