UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・福島 人物画 虎図 龍図

会津・三春で活動した戦国時代の奇想の画僧・雪村周継

投稿日:

雪村周継「呂洞賓図」重文 大和文華館蔵

雪村周継は、伊藤若冲や曾我蕭白に代表される「奇想の画家」の元祖とも称される戦国時代末期の画僧で、大胆な構図と奇態な人物描写で知られている。比較的多くの作品が残っているが、その生涯を伝える資料は少なく、不明な点も多い。

生地は常陸国(現在の茨城県)が有力とされ、佐竹家に生まれ幼くして出家し、画業の道を歩きはじめたと思われる。生涯京都には上らず、関東、南東北を活動の場とし、なかでも会津、三春には長く滞在している。

はじめて雪村が会津を訪れたのは50歳代半ば頃で、会津の城主・蘆名盛氏に画法を教えたとする資料が残っている。盛氏は会津を拠点とした戦国大名で、すぐれた武将であるとともに、文学や絵画にも強い関心を持つ好奇心旺盛な人物だったという。この時の雪村の会津滞在は長いものではなく、その後、小田原、鎌倉を訪れ、名僧や名画に接して画技を高め、独創的な表現を次第に確立していった。

二度目に会津を訪れたときには、雪村はすでに60歳代半ばになっていた。この時も会津の蘆名氏、三春の田村氏が有力なパトロンとなり、80歳代で没するまで、会津と三春(現在の福島県田村郡三春町)を拠点に活動している。この時期に描かれた「呂洞賓図」(掲載作品)は雪村の代表作で、雪村の「奇想」を決定的に印象付けた作品とされている。

雪村周継「龍虎図屏風」根津美術館蔵

雪村周継(1504?-不明)せっそん・しゅうけい
常陸国部垂生まれ。名は周継、俗名は平蔵。別号に如圭、鶴船、鶴仙老翁などがある。詳しい伝記は不明だが、常陸の佐竹氏の一族で、出家して画僧になったと思われる。周文、雪舟を慕い、また中国の宋、元の画蹟を学んで、個性の強い画風を確立した。50歳代半ば頃に会津へと旅立ち、さらに小田原、鎌倉へと向かった。60歳代半ばから没するまでは会津、三春で活動し多くの傑作を残した。蘆名盛氏が永禄4年から11年にかけて会津向羽黒山に築いた岩崎城では、雪村が障壁画の筆をとった可能性も指摘されている。門下からは蘆名の家臣である西海枝太郎左衛門が出て、さらにその西海枝の門から雪閑、雪木、雪沢、俊慶らの画人が出たといわれている。没年は確定していないが、80余年まで生きたと思われる。

福島(1)-ネット検索で出てこない画家

文献:会津の歴史(上巻)、雪村 奇想の誕生、ふくしま近世の画人たち、福島画人伝、会津の絵画と書、会津ふるさと大百科、会津人物事典(画人編) 、東北画人伝







-画人伝・福島, 人物画, 虎図, 龍図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.