UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・茨城 画僧・武人 山水・真景

関東に本格的な水墨画をもたらした室町時代の画僧・祥啓

投稿日:

祥啓「山水図」根津美術館蔵

祥啓(不明-不明)の出自については不明な点が多く、生まれは真壁郡下館(現在の筑西市)とも常陸小田(現在のつくば市)ともされ、野州宇都宮の画家丸良氏の子として、現在の栃木県宇都宮市に生まれたという説もある。結城の華蔵寺には、祥啓が寄寓した跡とする梅塚があり、ここで祥啓が清亭という庵を結んだと伝わっており、茨城の県西地域には、不明瞭だが祥啓の足跡を見ることができる。

祥啓は、鎌倉建長寺塔頭宝珠庵の住僧で、書記役についていたことから啓書記とも呼ばれた。画事は、はじめ同じ建長寺の仲安真康に学んだとみられ、その後、文明10年に京都に上って芸阿弥に学んだ。またその際、足利将軍家所蔵の唐絵も研究したとみられる。3年後に鎌倉に戻る際に、師の芸阿弥から画法伝授の証として「観瀑図」を贈られており、この図の賛によって師弟関係が明らかになった。

山水、花鳥、人物を幅広くこなしているが、山水図は芸阿弥ゆずりの真山水で、花鳥、人物画は唐絵を模写した習作的なものが多い。祥啓が鎌倉を中心とした地方画壇に与えた影響は大きく、関東の水墨画は祥啓を中心に土着性を脱して、垢抜けた平明な表現になっていったとされる。

祥啓(不明-不明)しょうけい
鎌倉建長寺塔頭宝珠庵の住僧。諱は賢江、雪溪と号し、貧楽斎、休月斎龍杏と称した。生没年は不明だが、生地については真壁郡下館、常陸小田、宇都宮などの説がある。鎌倉建長寺の書記をつとめ、啓書記とも呼ばれた。文明10年京都に上って芸阿弥に学び、一方で足利将軍家所蔵の唐絵を研究した。主として鎌倉在住の時期に優作を残しており、永正3年玉隠序の「鐘秀斎図」「瀟湘八景図帖」、明応9年玉隠賛の「喜江禅師像」、南禅寺蔵「達磨図」などいずれも重要文化財の指定を受けている。啓孫、僊可、啓拙斎、興悦などは祥啓の門人と考えられている。

茨城(1)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の画人、型とイメージの系譜 関東水墨画、室町時代の水墨画、中世にみる型とイメージの系譜 関東水墨画の200年









-画人伝・茨城, 画僧・武人, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.