UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・福島 南画・文人画家 花鳥画 中国故事 人物画

白雲、巨野泉祐同様に松平定信に見出されて谷文晁の門に入り、師譲りの幅広い画域の作品を手掛けた白河藩絵師・星野文良

投稿日:

星野文良 左:「林和靖」、右:「花鳥図」

白河藩絵師・星野文良(1798-1846)は、16歳の時に江戸詰めとなり、八丁堀の白河藩邸に住み、藩主・松平定信の命を受けて谷文晁の門に入った。享和3年には、近江石山寺に伝わる「石山寺縁起絵巻」の補完作業を行なっていた谷文晁に、欠巻部分の補作の資料を提供するため、岡本茲奘、蒲生羅漢らとともに模本制作を行なっている。また、南湖真景作成の命を受けるなど、真景図作成の御用にも関わっている。

文政5年には定信の嫡子である定永の側役となり、文政10年には定永に随伴して京都で寺社の古画などに触れながら、画技を磨いたと伝わっている。残っている作品は少ないが、真景図をはじめ、人物画、山水画、花鳥画、大和絵など、谷文晁の影響を受けた幅広い画域の作品を手掛けている。

星野文良(1798-1846)ほしの・ぶんりょう
天明元年白河城下生まれ。白河藩絵師。名は唯実、通称は善輔。別号に爽軒、甲子山人などがある。幼いころから白河藩絵師・久松(服部)南湖、巨野泉祐らに絵の手ほどきを受け、のちに白河藩主・松平定信の命によって谷文晁の門に入った。定信の子で信州松代城主・真田幸専の養子となった幸貫の御側御納戸日記(真田家文書)には、文政末年から天保年間にかけて文良が席画を仰せ付けられたり、絵の御用に関わったという記載がある。定信の桑名藩転封に従い桑名に移った。弘化3年、49歳で死去した。

福島(8)-ネット検索で出てこない画家

文献:白河を駆け抜けた作家たち、定信と文晁









-画人伝・福島, 南画・文人画家, 花鳥画, 中国故事, 人物画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.