UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・福島 南画・文人画家 花鳥画 龍図

白河藩御用絵師として城内障壁画や肖像画の制作をはじめ各種写生記録を手掛けた巨野泉祐

投稿日:

巨野泉祐 左:秋草図、右:月中之龍図

白河城下に生まれた巨野泉祐(1774-1837)は、16歳の時に仕官し、白河藩校・立教館容儀師範の手付となり、はじめて絵の御用に携わった。寛政7年には松平定信に画才を認められ、谷文晁に入門。寛政9年に『古画類聚』の清書事業を行ない、翌年には御目見格となって絵の御用掛となり、同年白河藩御用絵師となった。

以後藩絵師として、白雲らとともに『集古十種』の資料収集・模写を担当、畿内、山陽道諸国や奥州へ紀行し、各地の真景図制作などを行なった。また、藩絵師という立場から、定信の造園した庭園の写生記録、白河小峰城内の障壁画制作、肖像画の制作なども行なった。

文化8年には対馬に朝鮮使節対応のため絵師として林述斎に随伴し、往来の真景図を制作し、これを期に大野文泉から巨野泉祐と名を改めた。文政6年、定信が桑名藩に移封になったためこれに従った。

巨野泉祐(1774-1837)おおの・せんゆう
安永3年白河城下生まれ。白河藩御用絵師。白河藩士・大野斗内の子。初号は大野文泉。本名は安勝、はじめ万平、文泉などと号し、のちに号を泉祐、姓を巨野に改めた。文政6年の「三方領地替」による久松松平家の桑名移封に伴い同地に移った。天保8年、64歳で死去した。

福島(7)-ネット検索で出てこない画家

文献:白河の歴史、白河を駆け抜けた作家たち、ふくしま近世の画人たち、定信と文晁、三重県の画人伝









-画人伝・福島, 南画・文人画家, 花鳥画, 龍図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.