画人伝・新潟 南画・文人画家 日本画家 山水・真景

昭和前期に官展で活躍した新潟の南画家・白倉嘉入と横尾深林人

白倉嘉入「連山雲烟」

白倉嘉入「連山雲烟」

昭和前期に官展(帝展、新文展、日展)に出品した新潟出身の主な南画家としては、ともに小室翠雲に学び、ともに日本南画院の同人をつとめた白倉嘉入と横尾深林人がいる。

新発田市出身の白倉嘉入(1896-1974)は、はじめ洋画家を志して石井柏亭に師事したが、その後、田近竹邨に師事して南画に転じ、竹邨没後は小室翠雲に学び、日本南画院の創立に際しては同人として参加した。官展では、第1回帝展に入選、その後も官展に出品を続けた。

上越市出身の横尾深林人(1898-1979)は、早くから小坂芝田、小室翠雲らに南画を学び、17歳で日本南宗画展で受賞、日本南画院では第7回展で最高賞を受賞し、2年後に同人に推挙された。官展では、第12回展で特選となり、その後も出品した。

白倉嘉入(1896-1974)しらくら・かにゅう
明治29年新発田市生まれ。名は欣一郎。初号は二峰。はじめ服部五老に南画を学び、大正元年に石井柏亭に水彩画を学び、翌年の第7回文展洋画部門に入選し、同年の大正博覧会洋画部では褒状を受けた。しかしその後、大正8年に田近竹邨に師事して南画に転じ、同年の第1回帝展で日本画部に入選した。大正15年から小室翠雲門下となり、第11回帝展、第15回帝展で特選となり、のちに審査員になった。また、日本南画院創立の際には同人となり、日本南画院展や大東南宗院展で審査員をつとめた。昭和49年、78歳で死去した。

横尾深林人(1898-1979)よこお・しんりんじん
明治31年上越市生まれ。名は信次郎。別号に南田、翠田、深林子などがある。はやくから児玉白洋や小坂芝田、小室翠雲に師事して南画を学び、漢籍詩文を高橋翠邨らに学んだ。大正4年、17歳の時に第50回日本南宗画会記念展で受賞。昭和3年第7回日本南画院展で最高賞を受賞し、2年後に日本南画院同人に推挙された。さらに昭和4年第10回帝展で特選となり、以後出品を続けた。昭和54年、81で死去した。

新潟(38)-画人伝・INDEX

文献:新潟の絵画100年展、新潟の美術、越佐の画人、越佐書画名鑑 第2版




-画人伝・新潟, 南画・文人画家, 日本画家, 山水・真景

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5