UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・山形 南画・文人画家 山水・真景

京都で活躍した庄内出身の南画家・服部五老と二柳

投稿日:

服部五老「青緑山水図」山形美術館蔵

鶴岡に生まれた服部五老は、京都で田能村直入に師事し、日本南画院の同人として活躍した。全盛時は、橋本関雪、竹内栖鳳らと並び称され、画の注文が殺到したという。豪壮な邸宅に住み、生活は豪奢を極め、来客が絶えなかったと伝わっている。しかし、晩年になると次第に絵を描くことを渋るようになり、生活は荒廃し、赤貧のなか没した。

五老の二男・服部二柳は、父に絵を習い、のちに中学を中退して橋本関雪に師事した。京都で活動していたが、大正10年に兄を亡くし、昭和3年には父を、さらに母や姉を相次いで亡くし、父母の故郷である鶴岡に移住した。自由奔放な筆致で、近代庄内が生んだ天才南画家とも称されたが、作画にムラがあり、晩年はみすぼらしい格好で鶴岡市内などを放浪し、ついには精神障害となり入院先の病院で没した。

服部五老(1869-1930)はっとり・ごろう
明治2年鶴岡生まれ。旧庄内藩士・服部大策の長男。本名は文太郎、安之。曽祖父は葛飾北斎門下の浮世絵師・大山北李。幼いころから絵が巧みで、長じて京都に上り、田能村直入に入門し高弟と称された。のちに日本南画院の同人となり、文展に3回入選した。好んで水墨画を描き人気を博したが、晩年は生活が乱れ、貧困を極めた。昭和5年、62歳で死去した。

服部二柳(1904-1968)はっとり・にりゅう
明治37年京都二条柳馬場生まれ。服部五老の二男。本名は辰雄。京都二条柳馬場に生まれたので「二柳」と号した。別号に双柳、瓊洞がある。11歳のころから父について絵を学び、その後旧制京都一中に入学したが、2年のときに退学して橋本関雪に師事した。父の死後生活に窮し、昭和11年鶴岡に移住した。昭和13年鶴岡の曙亭で遠縁にあたる書家松平穆堂が主催した「二柳の画会」が開催された。晩年は精神障害になり、昭和43年、入院先の病院において、63歳で死去した。

山形(27)-ネット検索で出てこない画家

文献:鶴岡市史(下巻) 、庄内の美術家たち、院展にみる山形の美術100年、郷土日本画の流れ展







-画人伝・山形, 南画・文人画家, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.