画人伝・宮城 洋画家 群像

中野和高と大正・昭和期の宮城の洋画家

更新日:

少憩 中野和高

大正期に入ると、青山勤らが結成した「北国洋画会」などの洋画グループや、菱沼美仙が創設した「仙台洋画研究所」など、洋画研究の集まりがみられるようになった。菱沼は、同研究所で後進の指導をし、これを昭和に入って佐々木節郎が引き継いだ。

大正末から昭和にかけては、「草叢社」や「社栄社」などの洋画研究団体が生まれ、展覧会を開くなどの活発な活動もみせた。昭和5年に渋谷栄太郎らが結成した「東北美術協会」の展覧会は、昭和8年に河北新報社の主催となり、河北展として宮城画壇を活性化させた。

このような活動のなかで、昭和に入ってから帝展出品者も多くなり、布施信太郎、渋谷栄太郎、高田徳治郎、千葉衛、佐々木節郎、大沼かねよ、佐藤文五郎らが入選した。愛媛に生まれ仙台で育った中野和高も帝展を舞台に活躍した。

中野和高は、父親が牧師として赴任していた仙台で育ち、上京後白馬会洋画研究所で学んだ。この時に前田寛治と出会い、ともに東京美術学校に進学した。同校を卒業後に渡仏、前田とともに佐伯祐三、里見勝蔵らと親交を深め、彼らとともに1930年協会にも参加した。

昭和3年に帰国した中野は、帝展に大変な歓迎をもって受け入れられた。帰国後の中野が取り組んだのは、掲載の「少憩」のような生活のひとコマを描いた群衆表現だった。画面に描かれているのは画家の身内で、人物群がゆったりと配され、静物的に描かれている。

中野和高(1896-1965)なかの・かずたか
明治29年愛媛県大洲生まれ。本名は和光。牧師だった父の赴任先だった宮城県仙台第一中学校を卒業、その後上京して白馬会洋画研究所で黒田清輝の指導を受けた。大正10年東京美術学校西洋画科を卒業、同年第3回帝展に初入選、昭和2年第8回帝展から3年続けて特選となった。ヨーロッパ遊学後は、1930年協会会員もつとめた。昭和5年からは帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)教授。昭和16年仲間と創元会を創立、戦後は創元会展と日展に出品した。昭和33年日本芸術院賞を受賞した。昭和40年、70歳で死去した。

菱沼美仙(1888-1978)ひしぬま・びせん
明治21年仙台生まれ。本名は猛。明治35年に白馬会洋画研究所に入った。大正6年仙台に「仙台洋画研究所」を設立、デッサン彩画を教えた。門下生に渋谷栄太郎、青山健治、藤原勉、佐藤謙、青山勤、星康次、富永太郎、首藤清喜らがいる。大正12年突然仙台を去り上京したが、戦後帰郷した。昭和53年、90歳で死去した。

佐々木節郎(1895-1943)ささき・せつろう
明治28年仙台市生まれ。東北中学校卒業後、上京して東京美術学校に入学、岡田三郎助の教室で洋画を学んだ。肖像画を得意とし、当時の満州、朝鮮で関東軍指令部付として、満州国政府要人、軍関係重臣らの肖像画を描いた。昭和2年仙台洋画研究所で後進の指導にあたった。昭和18年、49歳で死去した。

渋谷栄太郎(1897-1988)しぶや・えいたろう
明治30年古川市生まれ。東北中学校卒業後上京、太平洋画会に学んだ。大正11年平和博覧会に入選したほか、大正14年第6回帝展入選をはじめ6年間毎年入選した。日仏芸術展を主催したり、美術団体「杜栄社」を主催するなど、昭和初期から仙台での美術の普及に寄与した。昭和63年、91歳で死去した。

布施信太郎(1899-1965)ふせ・しんたろう
明治32年仙台生まれ。父は布施淡。太平洋画会研究所で満谷国四郎らに学んだ。第5回帝展に入選。帝展および太平洋画会展に出品した。戦前は太平洋美術学校教授として、戦後は同会の代表となり、会の運営と附属学校再建に尽力した。昭和40年、67歳で死去した。

高田徳治郎(1909-1980)たかだ・とくじろう
明治42年仙台生まれ。渋谷栄太郎に絵を学び、1930年に東北美術展に入選、翌年帝展に入選した。以後も太平洋画会展や河北展にたびたび入選。戦後太陽美術協会に出品し、昭和28年会員になった。昭和55年、71歳で死去した。

千葉衛(1911-1973)ちば・まもる
明治44年田尻町生まれ。古川中学校卒業後、東京美術学校に入学。在学中に、東光会、光風会に入選、第15回帝展に初入選、同校研究科中退後、台湾で教職についた。戦後は仙台で教鞭をとり、光旗会結成に参加した。昭和48年、62歳で死去した。

文献:仙台市史特別編3(美術工芸)、仙台画人伝、宮城洋画人研究、宮城県美術館コレクション選集

仙台 松島 平泉 (ココミル)
クリエーター情報なし
ジェイティビィパブリッシング







-画人伝・宮城, 洋画家, 群像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.