画人伝・岩手 洋画家 群像

資財を投じて盛岡橋本美術館を建設した橋本八百二

橋本八百二「交代時間」

大正期に美術団体の活動と並んで、岩手の美術普及に重要な役割を果たしたのは、大正7年から13年頃まで毎年開催されていた「岩手県芸術展覧会」だった。同展は、岩手の帝展とも呼ばれ、絵画、彫刻、工芸、写真、書道の幅広い展示によって人々の関心を集めた。在郷作家に加え、萬鉄五郎五味清吉、そしてデビュー期の橋本八百二ら在京作家の作品も展示された。

橋本八百二(1903-1979)は、東京美術学校西洋画科在学中に帝展に初入選。卒業後も「交代時間」(掲載作品)が帝展で特選となるなど注目を集め、「東光会」の創立にも参加した。戦後は岩手県議会議長、県観光連盟会長などを歴任するとともに、岩手美術連盟美術研究所の開設や県立美術工芸学校の創立などに尽力、資財を投じて盛岡橋本美術館(平成13年閉館)を建設した。

夫人の橋本花(1905-1983)は、青森に生まれ、女子美術学校在学中に帝展に初入選。以後も帝展、新文展、日展で入選を重ね、昭和8年には佐伯米子や深沢紅子らと女性画家による「新美術家団体連盟」を結成した。男性中心だった当時の画壇に、女性の時代を築いたひとりであり、女性の職業画家の草分け的存在だった。

橋本八百二(1903-1979)はしもと・やおじ
明治36年紫波町生まれ。小学校4年生の時に萬鉄五郎と交友のあった大川英八教諭が担当になり絵画に興味を持つようになった。大正10年盛岡農学校を卒業して上京、川端画学校で学び、大正13年東京美術学校西洋画科に入学した。在学中に白日展、槐樹社展で受賞、帝展に初入選した。昭和4年東京美術学校を卒業。昭和6年帝展特選。昭和7年斉藤与里、熊岡美彦、高間惣七、堀田清治らと「東光会」を創立。昭和11年に東光会を脱退して、高間惣七、堀田清治らと「主線美術会」を結成した。昭和17年陸軍省の依嘱で従軍画家として南支方面に出向いた。昭和19年北上市に疎開、昭和21年に日詰町に移住。昭和22年「岩手美術連盟美術研究所」の開設に尽力。同年県議会議員に当選し、以後県議会議長、県観光連盟会長などを歴任した。昭和23年には県立美術工芸学校の創立に尽力した。昭和32年盛岡で個展。昭和41年日展入選。昭和45年岩手日報文化賞受賞。昭和50年資財を投じて盛岡橋本美術館を建設した。昭和54年、76歳で死去した。

橋本花(1905-1983)はしもと・はな
明治38年青森市生まれ。大正12年札幌市立北海道高等女学校卒業。大正13年女子美術学校に入学、在学中の大正15年に帝展に初入選した。昭和3年同校を卒業。昭和4年橋本八百二と結婚。第13回帝展で特選。以後も帝展、新文展、日展で入選を重ねた。昭和8年佐伯米子や深沢紅子らと女流画家による新美術家団体連盟を結成。昭和14年中国遊歴。昭和15年から昭和17年まで従軍画家として東南アジアに赴いた。昭和36年から2年間ブラジル、ヨーロッパへ行った。晩年に青森市筒井にアトリエを建築した。昭和58年、78歳で死去した。

岩手(29)-画人伝・INDEX

文献:盛岡の先人たち、岩手の近代絵画展、いわて未来への遺産、東北画人伝、青森県近代洋画のあゆみ展、津軽の美術史




おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・岩手, 洋画家, 群像

© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5