UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮城 狩野派 学者・研究者 中国故事

仙台藩御用絵師から学者に転身した佐久間洞巌

更新日:

東坡汲水図 佐久間洞巌

仙台藩御用絵師を代々つとめていた佐久間家の四代目・佐久間洞巌は、元禄4年1月に仙台城二の丸の奥方造営に参加し、御用絵師として順調なスタートを切ったかにみえたが、前年に従者を無断で城内に遣わし絵を描かせたり、禁制の太刀を帯びるといった振る舞いのため、この年の6月には家禄を没収され、「城下十里四方に追放」という処分を受けた。

この追放を機に、洞巌は本格的な学問の道に入り、藩内で遊佐木斎に学ぶからわら、新井白石や荻生徂徠ら江戸の儒者と親交を重ね、絵師から学者への転身をはかった。45歳で再び士籍に列せられ、50歳の時に史官となり『伊達便覧志十五巻』を著し、67歳で『奥羽観蹟聞老志三十巻』を著した。絵画作品としては、中国の故事に取材した作品や、陶淵明、李白、白居易といった唐宋詩人たちの恣意に基づいた作品を残している。

佐久間家は、洞巌に続き、五代目の如琢もしくは六代目の如節も一時期、家禄を失っており、如節の子・栄学の代からしばらく藩籍を解かれていたが、仙台藩十三代藩主慶邦の時に六所が御用絵師となり、その子・晴岳も狩野晴川院養信に学び、仙台藩御用絵師を継いだ。

佐久間洞巌(1653-1736)さくま・どうがん
承応2年仙台生まれ。名は義和、字は子巌、通称は丁徳。別号に容軒がある。仙台藩世臣新田氏の二男。17歳で佐久間友徳の養子となり佐久間家を継いだ。画を狩野洞雲に学び、仙台藩御用絵師となった。一時期職と解かれたが3年後に赦されて仙台に戻り、遊佐木斎に儒学を学んだ。著書に『伊達便覧志十五巻』『奥羽観蹟聞老志三十巻』がある。元文元年、84歳で死去した。

佐久間如琢(1681-1745)さくま・にょたく
天和元年生まれ。名は周方、本姓は鈴木。佐久間洞巌の養子。洞巌の長男・義方は28歳で没し、二男・義質は洞巌の実家である新田家を継いだため、佐久間家に養子に入った。延享2年、65歳で死去した。

佐久間栄学(1730-1773)さくま・えいがく
享保15年生まれ。佐久間如節の養子。本姓は戸祭。名は典倶、栄学と称した。画を狩野栄川院典信に学び、仙台に帰って、五代吉村、六代宗村、七代重村に仕えた。安永2年、44歳で死去した。

佐久間六所(1782-1853)さくま・ろくしょ
天明2年生まれ。佐久間洞巌の子孫で、代々仙台藩御用絵師の家系に生まれた。名は明繁、字は子簡、通称は立徳。画を狩野派に学び、仙台藩十三代藩主・慶邦の時に御用絵師となった。文久3年、72歳で死去した。

佐久間晴岳(1818-1885)さくま・せいがく
文政元年生まれ。佐久間六所の子。名は雅方、通称は立達。別号に蕉雪がある。晩年は剰民と称した。画を狩野晴川院養信に学び、妻の実父である菊田伊洲の指導を受け、仙台藩御用絵師となった。詩を油井牧山、松井竹山に学び、書を山岸介庵に学んだ。幕末に国事に奔走し藩内で投獄された。明治になってからは画塾を開いて子弟の教育にあたった。明治18年、67歳で死去した。

小田島椿所(1820-1884)おだじま・ちんしょ
文政3年生まれ。名は頼恒、通称は為之助、のちに融と改めた。佐久間六所に学び、高橋容所、杉沼牛所と並んで六所門下の三所と称された。明治17年、65歳で死去した。

文献:仙台藩絵師 佐久間洞巌、仙台藩の絵師、仙台画人伝、仙台市史通史編4(近世2)、仙台市博物館館蔵名品図録

儒者―日本人を啓蒙した知の巨人たち
致知出版社







-画人伝・宮城, 狩野派, 学者・研究者, 中国故事

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.