UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・島根 狩野派

出雲松江藩御用絵師・狩野永雲とその画系

更新日:

出雲国では、徳川家康の孫にあたる松平直政が寛永15年に松江に入り、松江藩初代藩主となった。松江藩の絵師としては、直政が越前時代に召抱えられたとみられる大田弥兵衛(不明-1659)が、江戸詰めの松江藩御用絵師をつとめ、その子・狩野永雲(不明-1697)が、二代藩主綱隆に仕えて御用絵師を継いだ。永雲は父に画法を学び、のちに江戸中橋の狩野安信に師事、画技が認められ狩野姓を許され、法橋に叙された。永雲の長男・狩野永玄(不明-1730)も江戸に住み御用絵師をつとめたが、孫の狩野永玄(不明-1730)が江戸で乱心自殺をしたため、永雲の画系は途絶えた。

狩野永雲(不明-1697)
出雲生まれ。本姓は大田氏。名は稠信。父の弥兵衛は松江藩祖・松平直政に仕え御用絵師をつとめた。永雲は父から画法を学び、寛永20年には徳川幕府の御用絵師だった江戸中橋の狩野安信に師事し、画技が認められ狩野姓を許された。寛文7年から松江藩二代藩主・綱隆に仕え、翌年法橋に叙せられた。狩野派の伝統を継いだ堅実な画風で、鷹の図、花鳥画を得意とした。作品は松江市平浜八幡宮の「白鷹図絵馬」や、松江市月照寺の「仏涅槃図」などが残っている。元禄10年死去した。

松平綱隆(1631-1675)
寛永8年江戸生まれ。松平直政の長男。幼名は久松丸。狩野永雲を師として画技を学び、歴代藩主の中でも最も絵画に長じ、鷹の画や仏画を得意とした。松江神社、月照寺に作品が残っている。延宝3年、45歳で死去した。

大田弥兵衛(不明-1659)
狩野永雲の父。生国は不明だが、寛永年間に越前大野において採用されたとされ、松平直政の越前時代に召抱えられたと考えられる。その後江戸詰めの松江藩御用絵師となった。万治2年死去した。

狩野永元(不明-1704)
江戸に生まれ。狩野永雲の長男。名は秋信、大田氏三代。松江藩御用絵師として岩本町に住んだ。宝永元年死去した。

狩野永玄(不明-1730)
狩野永雲の孫。宝永元年家督を継いで松江藩御用絵師になった。享保14年、江戸において乱心自殺したため、永雲の画系は途絶えた。

文献:島根の美術、島根の近世絵画展、出雲ゆかりの芸術家たち

松江藩 (シリーズ藩物語)
現代書館







-画人伝・島根, 狩野派

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.