UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・栃木 日本画家 宗教画

古典研究とインド体験による独自の仏画を完成させた荒井寛方

投稿日:

荒井寛方「蓮葉観音」栃木県立美術館蔵

荒井寛方「蓮葉観音」栃木県立美術館蔵

栃木県氏家町(現在のさくら市)に生まれた荒井寛方(1878-1945)は、明治32年に上京し、浮世絵師・水野年方に入門、歴史画、風俗画を学んだ。同門には鏑木清方、池田輝方、大野静方らがおり、のちに寛方を加えたこの4人は、年方門の四天王と称されるようになった。

年方門では、門下生の視野を広げるため、古画の模写よりも実際の写生を重んじ、また公募展に出品させるなど新しい教育方法をとっていた。そのため、寛方も入門した翌々年から絵画共進会、東京府勧業博覧会などに精力的に出品し、入選を果たしている。

明治35年には美術雑誌社「国華社」に入社し、ここで10年間つとめ、国宝など多くの古画を模写した。国宝級の日本の仏教美術を模写していくうちに、寛方の仏画への興味と情熱は次第にたかまっていったと思われる。

明治40年、この年に創設された文展の第1回展に入選、続いて第2回、第3回と連続して三等賞を受賞し、第4回、第5回でも褒状を得た。また、小堀鞆音門の安田靫彦、松本楓湖門の今村紫紅らが主宰していた歴史風俗絵画の研究団体「紅児会」にも参加、研鑽につとめた。

大正3年、横山大観、下村観山、小杉未醒(放菴)らによって日本美術院が再興されると、文展から同展に移行し第1回展に出品、第2回展では中村岳陵、冨田溪仙らとともに同人に推挙された。

大正5年、インドの詩聖タゴールの求めに応じて渡印し、足かけ3年にわたり日本画の画教師としてベンガル地方の文芸復興運動に寄与した。また、アジャンター壁画の模写を行ない、一方でインド国内を精力的に旅行して、多数のスケッチ類を残している。大正7年の帰国後は、古典研究とインド体験による独自の仏画のスタイルを完成させ、「仏画の寛方」と呼ばれるようになった。

昭和14年、文部省による法隆寺金堂壁画の保存および模写の事業がはじまり、寛方も東方薬師浄土の大壁画の模写に従事していたが、昭和20年、戦火を避けて法隆寺に向かう途中、郡山駅頭で脳卒中のため急逝した。

荒井寛方(1878-1945)あらい・かんぽう
明治11年氏家町生まれ。本名は寛十郎。上京して水野年方に師事。明治35年国華社に入社し、同社発行の雑誌「国華」のため古画模写に従事した。明治40年に第1回展から文展に出品していたが、大正3年に日本美術院が再興されてかたは同展に出品した。大正5年タゴールに招かれてインドに渡り、アジャンター壁画を模写。昭和15年から法隆寺金堂壁画の模写に従事した。昭和20年、模写完成のため法隆寺に向かう途中郡山駅頭において、67歳で死去した。

栃木(18)-ネット検索で出てこない画家

文献:荒井寛方と木村武山展、荒井寛方 仏画の魅力、北関東の近代美術、栃木県歴史人物事典

 









-画人伝・栃木, 日本画家, 宗教画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.