UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・茨城 日本画家 山水・真景

在野精神を貫き、日本美術院を脱退して新興美術院を結成した小林巣居人

投稿日:

小林巣居人「氷とける」

茨城県稲敷郡長戸村(現在の龍ケ崎市)の農家に生まれた小林巣居人(1897-1978)は、20歳の時に画家を志して稲敷郡牛久村に住んでいた小川芋銭を訪ねた。その際芋銭に上京を勧められたため、翌年、芋銭の紹介で東京の平福百穂の画塾に入門、間もなく書生として住み込むようになった。

昭和3年に再興日本美術院展に初入選し、その後も出品していたが、昭和12年に帝展改組によって日本美術院も帝国芸術院に参加することになったため、巣居人は「岡倉天心以来の在野精神を失った」として、茨木衫風らとともに日本美術院を脱退し、「自由拘束なき新興清新なる芸術」を目指して新興美術院を結成した。

新興美術院では精力的に大作を出品していたが、第6回展に出品した絵巻「土機光象(上下)」が、あまりにも長巻だったため、初日をもって会場から撤去されてしまい、これに端を発して昭和18年に同院を脱退、10年余りを茨城で活動した。その間、第二次世界大戦によって中断していた新興美術院を旧新興美術院メンバー5人とともに再興、以後中心になって活動した。

終生在野精神を貫き、自然との交感のなかで詩情あふれる独自の様式を生み出していった巣居人は、幼いころから親しんだ茨城の田園や水郷、そこに育まれる小さな命を原風景として描き続けた。その制作活動の根底に流れる二人の師の教えについて巣居人は「第一の師、小川芋銭より発想の自由を教えられ、第二の師、平福百穂からは、厳しい写実をたたきこまれた」と語っている。

小林巣居人(1897-1978)こばやし・そうきょじん
明治30年茨城県龍ケ崎市生まれ。本名は善。大正6年画家を志し、小川芋銭を訪ねた際に上京を勧められ、翌年芋銭の推薦で平福百穂に師事した。翌年百穂から「巣居」の号を、芋銭から「枝上人」の号をもらった。大正10年第2回中央美術社展に初入選、中央美術社賞を受賞した。昭和3年に再興第15回院展初入選、昭和6年日本美術院院友になった。昭和12年茨木衫風、保尊良朔、田中案山子、小林三季ら日本美術院院友ら12人とともに日本美術院を脱退し、新興美術院を結成するが、昭和18年同院を脱退。昭和25年第二次世界大戦により中断していた新興美術院を再興した。また、昭和23年から26年まで帝国美術学校(現在の武蔵野美術大学)の教授をつとめた。昭和33年初個展を開催し、以後ほぼ毎年開催した。昭和53年、81歳で死去した。

茨城(25)-ネット検索で出てこない画家

文献:茨城の画人茨城の古書画人名事典開館20周年記念茨城県近代美術館所蔵作品茨城県近代美術館所蔵作品図録1997茨城県近代美術館所蔵作品図録2、北関東の近代美術、北関東の文人画









-画人伝・茨城, 日本画家, 山水・真景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.