UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・秋田 日本画家 風俗図・日常風景

秋田の田園風俗を描いた高橋萬年

更新日:

高橋萬年「雀小屋」

秋田市に生まれた高橋萬年(1897-1956)は、16歳で上京し、寺崎広業に師事した。健康を損ねて1年半で帰郷するが、広業からは、画材の扱い方や線に対する厳しい態度を学んだ。帰郷後も中国の古風俗考証を学ぶなどして独学で修業し、広業門下の天籟画塾展に出品、大正12年には日本美術院展に初入選した。

昭和2年、故郷の友人たちの援助により再び上京、第14回院展で「永代橋」(下記掲載作品)が5年ぶりに入選した。その後も都会のモダニズムを反映した作品を制作していたが、次第に田園風俗をテーマにした画風へと移り、昭和7年に発表した「田園の秋」以降、それが定着した。

生来虚弱な体質だったため、上京と帰郷を繰り返していたが、昭和11年以降は秋田に定住し、その後も院展に出品を続けた。戦後は、日本画家協会秋田県支部理事長に就任、館岡栗山ら県内在住の日本画家たちと「有象社展」を開催するなど、地元画家の育成にも力を尽くした。

高橋萬年「永代橋」

高橋萬年(1897-1956)たかはし・まんねん
明治30年秋田市上川口生まれ。本名は計治。製材業・高橋為吉の二男。16歳の時に上京、寺崎広業に師事した。萬年の号は広業の尊敬する上田万年博士の名をとったもので、広業の命名だった。病弱のため1年半で帰郷し、その後も独学で修業、大正12年「新月橋の雨」が日本美術院展初入選。昭和2年に再上京するが、昭和11年以降は秋田に定住、故郷の田園風俗を描き、後進の育成にも尽力した。昭和31年、59歳で死去した。

秋田(26)-ネット検索で出てこない画家







-画人伝・秋田, 日本画家, 風俗図・日常風景

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.