UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画家略歴

南部(1)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

石井東周
石井東江の子。父から絵を学ぶ。三戸地方を中心に奉納額や絵馬などの作品が残っている。生没年不詳。

石橋一貫
明治31年八戸市十三日町に生まれる。本名は幸蔵。早くから蒔絵に興味を持ち上京して松田権六に入門、のちに寺崎広業に師事する。破滅型の作家で、酒におぼれ生活に困窮していたという。戦時中はメタリコンの技術をかわれ軍属として台湾に赴いた。昭和41年、66歳で死去した。

石橋雪渓
弘化元年八戸に生まれる。本名は幾千蔵。八戸河内屋に縁のある橋本雪蕉の高弟として知られるが、不明な点が多い。家業は八戸十三日町村福菓子舗で、若くして江戸に出て南宋画を修めたといわれる。橋本雪蕉が八戸に帰った明治3年から10年に没するまでの間が画業の全盛で、残っている作品はこの時期が多い。明治39年、62歳で死去した。

石橋一径
明治42年八戸市十八日町に生まれる。本名は山内週五郎。洋画家の石橋宏一郎の従兄弟にあたる。七尾英鳳に絵の手ほどきを受け、昭和3年に上京し尾竹竹坡の内弟子となり本郷に住み、昭和11年に師が亡くなるまで身近にいた。目黒雅叙園の襖絵や内装画を師とともに手掛けている。のちに野田九浦の門に入り帝展などに出品するが、昭和19年戦火を避けて帰郷、その後作画は行なっていない。

鵜飼東岱
文政11年三戸に生まれる。秀真、忠郷といい、和歌をよくし、武技にも通じた。代々南部公に仕え、15歳で菊池東江の門に入り修業、維新ののち北海道函館にわたった。明治3年県役所の一部新築記念三戸大神社に奉納した武者絵の掲額が残っている。明治7年、47歳で死去した。

大久保千尋
明治13年八戸徒士町に生まれる。旧姓は漆沢。八戸中学を出て、明治29年日本美術学校に入学、上級生に橋本雅邦、横山大観、菱田春草らがいた。帰郷後は一時八戸中学の教壇に立ち美術を教えるが、のちに造酒屋大久保家の長女と結婚し、大久保姓を名乗り、その後作画は行なっていない。昭和38年、84歳で死去した。

重茂勝春
明治34年八戸長横町に生まれる。旧姓は接待。柔道家のかたわら風刺漫画家としても活動した。昭和11年に明朗社を創立、雑誌「明朗」を出版し漫画想を連載した。その他、八戸新聞などにも諷刺漫画を執筆した。昭和33年死去。

南部(1)-ネット検索で出てこない画家

文献:青森県南部書画人名典

城下町南部八戸の歴史
合資会社 伊吉書院







-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.