UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮崎 日本画家 動物画 魚類図

大正・昭和前期の宮崎の日本画家

更新日:

甲斐常一「鮎図」

明治に入って近代日本画が形成されていくなか、明治、大正の空気を反映した作品を制作する日本画家たちが活躍した。宮崎県を代表する日本画家である山内多門益田玉城をはじめ、美人画の丸田省吾、写実的な虎の絵を描いた小山田秋甫、東京美術学校に学んだ秋月可山らのほか、資料は少ないが、日高牧僊、山本泰業、甲斐常一らも同時代の画家である。

日高牧僊(1881-1965)は東京美術学校に入学したが、のちに日本画に転向、帰郷後は宮崎美術協会の委員になっている。山本泰業(1888?-1947)は東京で活動していたが、師から破門され妻の故郷の延岡に移り住んだ。のちに宮崎市に移り、料亭の紫明館などの屏風絵を描いている。終戦のころは進駐軍相手に絵を描いたという。

やや時代は下るが、現在の延岡市北方町曽木に生まれた甲斐常一(1893-1966)は、上京して川合玉堂に学び、鮎を描くことを得意とし、多くの作品を郷里に残している。延岡市立図書館に寄贈された作品は、火災のため焼失している。

日高牧僊(1881-1965)
明治14年国富町生まれ。旧制宮崎中学校を卒業後、明治35年に東京美術学校に入学、翌年西洋画科に進んだが、卒業の記録はなく、なんらかの理由で卒業にはならなかったと思われる。その後日本画に転向しているが、その時期は明らかではない。一時広告会社につとめ、その後帰郷。明治23年の宮崎美術協会の総会で新委員になったという記録がある。昭和40年、84歳で死去した。

山本泰業(1888?-1947)
明治21頃生まれ。若いときの号は挿雲。東京で活躍していたが、師から破門され妻の故郷の延岡に移り住み、のちに宮崎市に移った。宮崎美術協会の副会長をつとめた。昭和22年、60歳で死去した。

甲斐常一(1893-1966)
明治26年北方町曽木生まれ。常一は本名。明治26年北方町曽木生まれ。青年のころ上京し川合玉堂に師事した。昭和5年第2回聖徳太子奉讃美術展覧会に入選、昭和7年帝展に初入選した。鮎を描くことが得意で、郷土に多くの作品が残っている。画人としての生涯は不遇だったが、晩年は埼玉県の子息のもとに身をよせていた。昭和41年、78歳で死去した。

文献:延岡先賢遺作集、宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展

さかな 魚 中国画技法 学画宝典 中国絵画 鱼 学画宝典
張継馨
張継馨







-画人伝・宮崎, 日本画家, 動物画, 魚類図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.