UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・秋田 日本画家 歴史画 中国故事 人物画 美人画・女性像

終生日本画の近代化に尽くした寺崎広業

更新日:

寺崎広業「美人読書図」

秋田に生まれた寺崎広業(1866-1919)は、はじめ郷里の狩野派・小室怡々斎に師事し、ついで角館出身で東京に出ていた四条派の平福穂庵の勧めで上京し穂庵に師事、穂庵の帰郷後も東京に残り、東陽堂の美術雑誌「絵画叢誌」の古画模写の仕事を穂庵から引き継いで、幅広く名画を縮画することによって様々な画風を学んだ。

また、3人目の師となる南画家の菅原白龍とは、日光遊歴の際に出会い、忠実に自然を味わい、それを率直に表現する態度を学んだ。各々短い期間ながらも、狩野派、四条派、南画と流派の違う3人の師に学び、さまざまな視点からの古画研究や、写生の重要性を実感したことは、時代の潮流ともあいまって、晩年に至るまで広業の制作の核となった。

明治23年、第3回内国勧業博覧会で褒状を得たことで話題となり、これが実質上のきっかけとなって翌年の岡倉天心が会頭をつとめる日本青年絵画協会の創立委員になった。さらに、明治29年日本絵画協会第1回絵画共進会で銅牌を受賞し、これを機に東京美術学校の嘱託、翌年には助教授に任命された。

その後は、東京美術学校で後進の指導にあたるとともに、岡倉天心らと新しい日本画のあり方を模索した。その品格ある美人画は、鏑木清方ら美人画家にさきがけて影響を与えた。
→参考:美人画研究室(寺崎広業)

しかし、28歳の若さで東京美術学校の校長に就任した岡倉天心は、周囲の反感をかうことも多く、明治31年についに校長罷免に追い込まれてしまう。いわゆる東京美術学校騒動とよばれる事件で、このことによって、天心をはじめ、橋本雅邦、横山大観、菱田春草、下村観山、そして広業らは東京美術学校を辞職し、新たに日本美術院を創立して活動を始めることになる。

明治34年、東京美術学校校長となった正木直彦は、日本美術院との確執を穏やかなものにしようと、広業を日本美術院正員のまま東京美術学校教授に復職させた。広業は、大観ら急進派とは一線を画しながら、中立的な立場で、東京美術学校とともに自身の天籟画塾でも後進の育成につとめた。一方日本美術院は、財政難に陥り、明治37年事実上活動を中断することになった。

明治40年、文部省は政府主催による日本初の展覧会として文展(文部省展覧会)を開催。広業は、東京美術学校教授として審査委員をつとめ、他の出品者たちの模範になるべき格調高い作品を次々と発表。一作ごとに自らの課題に挑戦する意思的な制作姿勢をみせ、画壇での地位は確固たるものとなっていった。大正6年には帝室技芸員に任命されたが、その2年後52歳で没してしまう。

寺崎広業「易水離別図」

寺崎広業(1866-1919)てらさき・こうぎょう
慶応2年秋田生まれ。広業は本名。別号に秀斎、宗山、騰龍軒などがある。寺崎家は秋田藩の家老をつとめた家系だが、廃藩後父が学校経営など事業に失敗し、広業は画家を目指した。はじめ小室怡々斎に師事、上京して一時平福穂庵につき、菅原白龍にも学んだ。穂庵の帰郷後は東陽堂の美術雑誌「絵画叢誌」の挿図を引き継いで担当した。岡倉天心に認められ、明治24年日本青年絵画協会の結成に参加。明治31年には日本美術院の創設に参画し、新しい日本画を模索した。明治34年東京美術学校教授、明治40年文展審査委員、大正6年帝室技芸員となった。晩年は水彩画、大和絵、南画の特徴を生かした折衷様式による新たな風景画を模索するなど、終生日本画の近代化に尽くした。大正8年、52歳で死去した。

秋田(24)-ネット検索で出てこない画家







-画人伝・秋田, 日本画家, 歴史画, 中国故事, 人物画, 美人画・女性像

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.