UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画家略歴

秋田(1)-ネット検索で出てこない画家

更新日:

江戸前期の画家
西海杖太郎左衛門
16世紀の初め、室町時代の画家。姓は小野寺ともいう。出羽国小野の城主といい、雄勝郡雄勝町小野の人と思われる。雪舟の門下で筆力奔放と伝えられている。

狩野興信
雄勝町院内生まれ。二代目秋田藩主佐竹義隆のお抱え絵師。「秋田狩野派」の祖であった狩野定信の妻の弟。若い頃京都に絵の修業に行くが、不才を恥じて真言僧となり、不洗と号したこともある。のちに定信の養子となり狩野派を継いだ。

武田永球
元和8年生まれ。本名は安親。秋田市に独自の狩野派を築いた「武田狩野」の祖。父信親は甲州武田系の人で、山形最上郡に住み、慶長14年秋田に来て佐竹氏に仕えた。佐竹義隆に見込まれて絵師になり、延宝2年法橋の位を得た。俗に古永球と呼ばれた。延宝3年死去。

平野喜伯
本名は益信。別号に船遊斎。三代目秋田藩主佐竹義処のお抱え絵師。秋田にいたのではなく江戸に住み、佐竹の江戸屋敷にかよっていた絵画教師である。『群玉宝鑑』の挿絵を描いた。八橋の日吉八幡神社に額が残っている。

小川隆雅
十文字町新田目の出身で、横手の商人・小川甚兵衛家の養子となった。横手地方に好んで鷹を描いた「横手鷹」といわれる絵の系譜があり、その継承者。増田町満福寺に黙山賛《達磨図》が残っている。全国を流浪し、三重県で死去したらしい。

根本古柳
明暦2年4月28日生まれ。名は通猶、通称は正右衛門、別号に述情がある。秋田藩。詩歌もよくした。著書に『俗老損益解』がある。元文元年8月7日死去。

赤石蒲池
寛永3年9月24日生まれ。秋田藩士。本名は行保。罪を得て郊外の水口村に隠棲した。画に親しみ、諸種の著述をなした。平元梅隣に学んだ。『水口夜話』『水口雑話』『麓の塵』などの著書もある。明和元年11月2日死去。

秋田(1)-ネット検索で出てこない画家

文献:秋田書画人伝

秋田の有形文化財
無明舎出版









-画家略歴

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.