UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮城 文学者 祭・宴会図

仙台藩士で俳人の遠藤曰人が描いた「ぼんぼこ祭図」

更新日:

遠藤曰人「ぽんぽこ祭図」仙台市博物館蔵

仙台の重要な祭礼のひとつに、陸奥国分寺に隣接する白山神社の「ぼんぼこ祭」がある。これは、秋の東照宮、大崎八幡宮の両大祭に拮抗する、春の城下の代表的祭礼で、伊達以前の代から継承されている伝統的行事である。

掲載の「ぼんぼこ祭図」は、江戸後期の俳人・遠藤曰人が描いたもので、祭の様子が軽妙なタッチで生き生きと表現されている。上段には、流鏑馬の的を奪い合う神事「的ばやい」の群集が描かれており、境内では軽業師による「はしご乗り」が披露され、包丁人による大鯛料理が振る舞われている。子どもたちが覗いているのは「堤人形とぼんぼこ槍売り」の店である。

特筆すべきは「ラクダの見世物」で、大きな絵姿と幟の立つ小屋に、多くの人々が詰め掛けている様子が描かれており、大人気ぶりがうかがえる。この作品の制作年代は特定されていないが、江戸でラクダの興行があり、菊田伊徳がそれを写生して「駱駝図」を描いたのが文政7年9月のことなので、この祭礼は春行なわれていることから、翌文政8年の春の作品と思われる。

遠藤曰人(1758-1836)えんどう・あつじん
宝暦8年桃生郡寺崎生まれ。仙台藩士で俳人。本姓は木村で、遠藤家を継いだ。名は定矩、字は文規、通称は清右衛門、のちに伊豆之介と改めた。経史を志村五城に学び、詩号は碧城。書画に長じ、絵画作品も多く残っている。天保7年、79歳で死去した。

文献:仙台市史特別編3(美術工芸)、仙台画人伝

幕末明治見世物事典
吉川弘文館







-画人伝・宮城, 文学者, 祭・宴会図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.