UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・北海道 アイヌ絵 祭・宴会図

平沢屏山の門人・木村巴江ら明治のアイヌ絵師

更新日:

木村巴江「蝦夷神祭之図」

平沢屏山の弟子といわれる絵師に木村巴江(不明-不明)がいる。函館水元の水茶屋の主人だったとも、理髪業を営んでいたとも伝わっている。経歴などは不明だが、屏山に学び、筆勢は及ばないが師風をよく伝えている。模写が多く、作品の構図も屏山によく似たものが多い。「蝦夷神祭之図」(掲載作品)は巴江が69歳の時の作品で、屏山作品に同様の構図が見られ、4つの場面が複合されている。

開拓使官吏として北海道を訪れた雑賀重村(1836-1880)は、幼いころ星暁村に画を学び、アイヌの肖像を巧みに描いた。明治12年に香港大守が北海道を訪れた際には、夫人に記念のアイヌ絵を贈ったという。明治15、6年頃に北海道に渡り函館県に画を以て仕官した沢田雪渓(1844-不明)は、「風俗画報」に挿絵を描き、石版の「北海道渡島国鶉山道開鑿真景」を刊行した。西川北洋(不明-不明)は、近代のアイヌの集落と生活を描いた貴重な資料である「明治初期アイヌ風俗絵巻」(市立函館図書館蔵)を残している。ほかには、橋本芳園、山本竹陵、今村三峯らが明治期にアイヌを題材にした絵画を描いている。

木村巴江(不明-不明)
本名は木村萬吉。平沢屏山にアイヌ絵を学んだ。蝦夷島奇観の模写が市立函館図書館に所蔵され、そのなかの「熊扼殺の図」が木版画として出版されている。のちに小樽に移り住み、小樽で没したとされる。

雑賀重村(1836-1880)
天保7年生まれ。本名は一ノ瀬帰一。一ノ瀬郷助の三男。星暁村に画を学んだ。安政年間に会津藩の命令で蝦夷を巡回視察したことがあったが、函館戦争の時には榎本軍についた。その後、開拓使官吏となって北海道開拓に尽くした。明治13年、45歳で死去した。

沢田雪渓(1844-不明)
弘化元年武州生まれ。藤江雲峨、吉沢雪庵に画を学んだ。明治15、6年頃に北海道に渡り函館県に画を以て仕官した。「風俗画報」に挿絵を描いた。代表作として、明治18年に刊行した石版の「北海道渡島国鶉山道開鑿真景」がある。

西川北洋(不明-不明)
旭川トミヤ出版部から発行された「明治初期アイヌ風俗絵巻」(市立函館図書館蔵)は、近代のアイヌの集落と生活を描いた貴重な資料で、集落の遠景図では10棟あまりのチセやプ(倉庫)、さらに室内での生活などを描いている。アイヌ風俗の研究に没頭し、日高から釧路、根室方面に遊歴、アイヌの家に寝起きして数年過ごし、本図を描いたという。

文献:描かれた北海道蝦夷風俗画展、アイヌ絵、描かれた近世アイヌの風俗

アイヌ民族の歴史
草風館









-画人伝・北海道, アイヌ絵, 祭・宴会図

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.