画人伝・福島 洋風画家 風俗図・日常風景

幼いころから亜欧堂田善の実家に出入りし一番弟子となった遠藤田一

遠藤田一「佃島南望之図」

須賀川加治町の商家・恵比須屋に生まれた遠藤田一(1765-1834)は、幼いころから絵を好み、隣町で染物屋を営んでいた亜欧堂田善の実家に出入りし、田善や兄の永田崑山に絵の手ほどきを受けた。雅号の「田一」は、田善の一番弟子ということで付けられたという。

田一の銅版画作品は残っておらず、田善から銅版画技法を学んだかどうかは定かではない。絵馬「佃島南望之図」(掲載作品)は田善の銅版画作品を模写した油彩画の大作で、県指定文化財となっている。また、田善が没した年に描いた日本画の「亜欧堂田善像」は、県重要文化財になっている。晩年は専ら仏画の制作をしたと伝わっている。

遠藤田一(1765-1834)えんどう・でんいち
明和2年須賀川生まれ。本名は忠兵衛。別号に如洋、曙山楼などがあり、晩年は趣雲斎文豊と名乗った。画歴の詳細は不明。亜欧堂田善に洋風画を学んだが、銅版画を学んだかどうかは分かっていない。文政5年、田善が没した年に田善の肖像を描いた。ほかに、須賀川の俳人・石井雨考の肖像も描いている。天保5年、70歳で死去した。

福島(12)-ネット検索で出てこない画家

文献:ふくしま近世の画人たち、亜欧堂田善とその系譜









-画人伝・福島, 洋風画家, 風俗図・日常風景

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5