画人伝・岩手 洋画家 図譜

東京帝国大学植物学教室で植物学関係の挿図を描いた佐藤醇吉

佐藤醇吉「那須産変形菌類図説№8」国立科学博物館蔵

岩手県大東町に生まれた佐藤醇吉(1876-1958)は、一関の小学校代用教員をつとめたのち上京、明治美術会の松岡寿に師事した。明治31年に東京美術学校西洋画科に撰科生として入学、卒業後は正確なデッサン力が買われ、東京帝国大学植物学教室に就職、植物学関係の挿図を描くようになった。大正8年には和田英作とともに植物図譜『群芳図譜』を著作刊行した。

掲載の「那須産変形菌類図説№8」は『那須産変形菌類図説』(服部廣太郎編)の挿図に使われた原画で、細部まで観察し、何年もかけて描いたとされる。

佐藤醇吉(1876-1958)さとう・じゅんきち
明治9年大東町生まれ。岩手師範を経て天狗田小学校代用教員をつとめたのち上京。明治美術会の松岡寿に師事した。明治31年東京美術学校西洋画科に撰科生として入学、成績品展示会で一等となった。明治33年に同校を卒業し、東京帝国大学植物学教室に勤務。理学博士・三好学の著書の挿図を担当した。大正元年朝鮮総督府より史料調査を嘱託され鳥居龍蔵博士の満蒙調査に同行、大正4年に満州探検回想録を岩手日報に連載。大正6年松岡寿の大阪中の島公会堂貴賓室天井画制作に助手として参加。大正8年和田英作とともに植物図譜「群芳図譜」著作刊行。大正12年岩手出身の在京芸術家の団体「北斗会」結成に参加。昭和3年宮内省生物学研究室に勤務。昭和16年北斗会、七光社、素顔社が統一され「岩手美術連盟」となり、第1回展に出品。昭和31年頃コローの伝記を翻訳。昭和33年、82歳で死去した。

岩手(25)-画人伝・INDEX

文献:岩手の近代絵画展、いわて未来への遺産




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・岩手, 洋画家, 図譜

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5