画人伝・岩手

無音の風景・松本竣介

2019/7/17  

松本竣介「煙突のある風景」岩手県立博物館蔵 松本竣介(1911-1948)は東京に生まれ、少年時代を岩手県盛岡で過ごした。中学入学の直前に激しい頭痛に見舞われ、その影響で聴覚を失い、この頃から画家を志 ...

資財を投じて盛岡橋本美術館を建設した橋本八百二

2019/7/17  

橋本八百二「交代時間」 大正期に美術団体の活動と並んで、岩手の美術普及に重要な役割を果たしたのは、大正7年から13年頃まで毎年開催されていた「岩手県芸術展覧会」だった。同展は、岩手の帝展とも呼ばれ、絵 ...

岩手洋画壇の基礎を築いた五味清吉

2019/7/17  

五味清吉「秋草」 明治末頃になると、東京美術学校などで学んだものたちが帰郷し、岩手美術界の指導的立場で活動するようになった。明治38年、葛江月らは岩手初の美術団体で日本画中心の「彩友会」を結成、それに ...

萬鉄五郎出現後の岩手の洋画家たち

2019/7/17  

佐々木精治郎「震災風景」 萬鉄五郎の出現によって一気に活気づいた岩手美術界では、つづいて佐々木精治郎、五味清吉、清水七太郎、熊谷登久平、白石隆一、舞田文雄らが現れ、それぞれの持ち味を生かして、大正から ...

西洋の新思潮と格闘しながら多彩な画業を展開した萬鉄五郎

2019/7/17  

萬鉄五郎「雲のある自画像」岩手県立博物館蔵 萬鉄五郎(1885-1927)がその才能を開花させたのは、明治末期から大正初めのことである。その時期は、続々と西洋の新しい絵画思潮が紹介されはじめており、萬 ...

東京帝国大学植物学教室で植物学関係の挿図を描いた佐藤醇吉

2019/7/17  

佐藤醇吉「那須産変形菌類図説№8」国立科学博物館蔵 岩手県大東町に生まれた佐藤醇吉(1876-1958)は、一関の小学校代用教員をつとめたのち上京、明治美術会の松岡寿に師事した。明治31年に東京美術学 ...

岩手洋画の先駆者・海野三岳

2019/7/17  

海野三岳「牛羊図」盛岡市先人記念館蔵 明治初期、岩手から「洋画」を求めて上京した画家に海野三岳(1851-1911)がいる。三岳は狩野派を学んだ海野楳岳の二男として盛岡に生まれ、幼いころから父に絵の手 ...

岩手初の美術団体「彩友会」を創設した葛江月

2019/7/17  

葛江月「写生室ノ概景」 盛岡に生まれた葛江月(1880-1918)は、地元の中学を中退して上京、翌年東京美術学校日本画科に入学した。卒業後は盛岡に戻り、中学の図画教師をつとめながら制作活動をおこない、 ...

新潟の豪商別邸で板戸絵が発見された旧派の実力者・佐藤紫煙

2019/7/17  

佐藤紫煙「鷲図」 現在の岩手県一関市に生まれた佐藤紫煙(1873-1939)は、16歳で上京し、水沢出身の菅原竹侶、ついで滝和亭に師事した。日本美術協会、正派同志会、日本画会などで役員や審査員をつとめ ...

月嶺・月村と続く盛岡藩四条派の流れを継いだ藤島静村

2019/7/17  

藤島静村と梅村の合作「双鯉図」(梅村は妹さきの雅号) 幕末に盛岡で生まれた藤島静村(1864-1935)は、明治はじめに北海道から帰郷していた川口月村に師事し、25歳の時には、内丸の協同商館(現在の盛 ...




© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5