画人伝・石川 琳派 日本画家 動物画

北陸に江戸琳派の画風を伝えた山本光一

山本光一「狐狸図」板橋区立美術館蔵

山本光一「狐狸図」板橋区立美術館蔵

山本光一(1843?-1905?)は、江戸琳派を創始した酒井抱一の門人・山本素堂の長男として江戸に生まれ、抱一の名跡を守る「雨華庵」の三世・酒井鶯一の門に入り、父の素堂や外祖父の野崎真一に江戸琳派の画風を学んだ。雨華庵四世を継いだ酒井道一は実弟にあたる。

明治7年、国際的な博覧会への出品物を制作・輸出するために明治政府により「起立工商会社」が設立されると、光一は輸出工芸品の図案制作の画工として同社に携わり、図柄だけでなく、様々な洋風の器物の形も一緒に考案したり、金工から蒔絵まで多様な技法の製品化の要求に応えるなど、画工たちの中心的存在として幅広い仕事を手がけた。

明治24年に同社が解散すると金沢に居を移し、私塾・拈華会を主宰して日本画や友禅の若手作家を育成し、その間、金沢工業学校(現在の石川県立工業高等学校)や高岡工芸学校(現在の富山県立高岡工芸高等学校)でも図案絵画教師として後進の指導にあたり、北陸地方に江戸琳派の画風を伝えた。

それとともに精力的な制作活動を展開し、図案的なものはもとより、人物画、草花図など幅広い画題をこなし、屏風絵の大作なども多数手がけ、加越能地域に相当数の絵画作品を残した。

山本光一(1843?-1905?)やまもと・こういつ
天保14年頃江戸生まれ。山本素堂の長男。雨華庵三世の酒井鶯一の門人。雨華庵四世・酒井道一の実兄。名は信敬、徳基。号は花明園、晴々、靖々、皓々、露聲、真如葊、木石閑人などがある。新吉原江戸町に住み、明治7年に設立された起立工商会社で輸出工芸図案に携わった。明治10年第1回内国勧業博覧会の漆器図案で花紋賞碑を受賞。また、内国絵画共進会にも「光琳派」として出品した。明治13年竣工の靖国神社内燈籠の図案を担当。この燈籠は警視局より靖国神社に献納された。明治24年の起立工商会社解散後は金沢に移り住み、明治26年から明治33年まで拈華会を主宰して後進の育成につとめ、その間、明治29年頃まで金沢工業学校(現在の石川県立工業高等学校)に、明治30年から翌年まで高岡工芸学校(現在の富山県立高岡工芸高等学校)の図案絵画教師として勤務した。明治33、4年頃には粟津、小松にいたとされる。石崎光瑤の最初の師としても知られる。明治38年頃死去した。

石川(21)-画人伝・INDEX

文献:酒井抱一と江戸琳派の全貌、別冊太陽244「江戸琳派の美」、燦めきの日本画-石崎光瑤と京都の画家たち、新加能画人集成

-画人伝・石川, 琳派, 日本画家, 動物画

© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5