画人伝・兵庫 洋画家 夭折の画家

初期独立展で注目されたが28歳で早世した飯田操朗

飯田操朗「朝」兵庫県立美術館

飯田操朗「朝」兵庫県立美術館

飯田操朗(1908-1936)は、兵庫県姫路市に生まれた。はじめ信濃橋洋画研究所に学び、その後上京して太平洋画会研究所で学んだ。昭和6年の第1回独立美術協会展で入選を果たし、その後も受賞を重ね、将来を嘱望されて会友に推挙されたが、その直後、心臓麻痺により28歳で死去した。

はじめフォーヴィスム的な輪郭線を強調した風景画を描いていたが、福沢一郎の影響で次第にシュルレアリスム的な作風へと変化をみせ、さらにキュビスム的な作風を加えて色彩豊かな作品を描くようになったが、それも途上で終わった。

掲載作品「朝」は、鳥取の砂丘を愛した飯田が、砂丘を背景に当地の祭りの山車をモチーフに構成したものと伝わっている。画家の死後、「祭・ニワトリ」など様々な題名で呼ばれていたが、近年の研究で昭和10年の独立展出品作「朝」であることが確認された。

飯田操朗(1908-1936)いいだ・みさお
明治41年兵庫県姫路市生まれ。本名は操。信濃橋洋画研究所に通ったあと、上京して太平洋画会研究所に学んだ。昭和6年第1回独立展から第7回展(没後遺作陳列)まで毎回出品した。昭和8年第3回展で海南賞、昭和10年第5回展で独立賞を受賞。昭和11年の第6回展で会友に推挙されたが、同年、28歳で死去した。

兵庫(70)-画人伝・INDEX

文献:兵庫の美術家県内洋画壇回顧展、兵庫県立美術館所蔵作品選、コレクションでたどる姫路市立美術館の25年、兵庫の絵画100年展




You may also like

おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・兵庫, 洋画家, 夭折の画家

© 2024 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5