画人伝・山梨 洋画家 風景画

女性初の二科会会友となった埴原久和代

埴原久和代「作品名不詳(臨海風景)」山梨県立美術館蔵

埴原久和代「作品名不詳(臨海風景)」山梨県立美術館蔵

埴原久和代(1879-1936)は、山梨県中巨摩郡源村飯野新田(現在の南アルプス市)に生まれた。10代で結婚したが間もなく離婚し、再婚せずに洋画の道に進むことを決め、東京女子美術学校(現在の女子美術大学)西洋画科に入学した。

明治41年の同校卒業後は、太平洋画会研究所に入り、中村不折に師事した。ここで学んでいた女性は埴原の他に二人しかおらず、のちに女性洋画家団体の朱葉会を創設する渡辺ふみ(亀高文子)と、高村光太郎夫人となる長沼(高村)智恵子だった。

大正元年、斎藤与里を中心として高村光太郎、岸田劉生、萬鉄五郎らが結成したフュウザン会の第1回展と、翌年の第2回展に出品、フュウザン会解散後の大正3年には、石井柏亭、梅原龍三郎、有島生馬ら11名の洋画家が設立した在野団体・二科会の第1回展に出品、その後も二科展に出品し、大正12年には女性初の二科会会友に迎えられた。

昭和6年、郷里の山梨で甲斐美術会の発足に際して中心的な役割を果たし、その後も精力的に活動していたが、晩年は目を患い、また自宅が焼失するなどの困難に遭い、画業から離れ、鎌倉円覚寺に居を移して信仰生活に入ったという。

埴原久和代(1879-1936)はにはら・くわよ
明治12年山梨県中巨摩郡源村(現在の南アルプス市)生まれ。本名は桑喜代。明治41年東京女子美術学校を卒業。のちに太平洋画会の中村不折に師事した。大正元年フュウザン会第1回展出品、翌年の第2回展にも出品した。大正3年新設された二科会に第1回展から出品、大正12年の第10回展で二科会会友となり、昭和4年の第16回展まで出品した。また、大正12年萬鉄五郎らが設立した円鳥会にも参加し、自宅をその事務局とした。昭和6年に結成された甲斐美術会発足の原動力となり活動したが、その後目を患って不参加。晩年に鎌倉円覚寺に転居し、制作を中断し、昭和11年、57歳で死去した。

山梨(22)-画人伝・INDEX

文献:山梨の近代美術、山梨県立美術館コレクション選 日本美術編、山梨県立美術館蔵品総目録6 2008-2015、山梨県立美術館研究紀要第30号(画家・埴原久和代の生涯と作品)









-画人伝・山梨, 洋画家, 風景画

© 2021 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5