UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・北海道 日本画家 宗教画

北海道で日本画の普及につとめた菅原翠洲

更新日:

菅原翠洲「出山之釈迦」

洋画家の林竹治郎(1871-1941)に続いて、北海道に美術教師として赴任してきたのが、日本画家の菅原翠洲(1874-1931)だった。東京に生まれた菅原は、東京美術学校日本画科に入学、在学中は狩野派の流れを汲む橋本雅邦に師事し、歴史人物画を得意とした。明治37年に北海道師範学校の教師として北海道を訪れて以来、長年教壇にたち、美術教育に尽力した。また、伝統のない北海道には日本画は育ちにくいとされていたが、のちに「北海道美術協会」(道展)の創立にあたって日本画部をつくるなど、北海道における日本画の普及に貢献した。

また、明治38年に北海道師範学校の生徒によって結成された美術団体「野馬会」では、指導者として、のちに北海道の水彩画を担う多くの俊才を育てた。野馬会の結成は有島武郎の黒百合会よりも早く、会の名称は、黒田清輝、久米桂一郎らが結成した「白馬会」にちなんだものらしい。日本画家の菅原翠洲が指導者だったが、水彩画がほとんどの洋画団体で、主に学内展を開いていた。繁野三郎、藤野高常、戸坂太郎、新妻清、野村英夫らのほか、朝倉力男、桜庭彦治、砥上重雄ら油彩の画家も出ている。

菅原翠洲(1874-1931)
明治7年東京生まれ。旧姓中山次郎、明治37年菅原の姓になった。明治29年東京美術学校日本画特設科卒業。在学中は橋本雅邦に師事した。明治30年東京開成尋常中学助教諭、明治31年青森師範学校助教諭となり、明治37年には北海道に渡り札幌の北海道師範学校助教諭となった。大正13年に退職して嘱託になり、その後庁立札幌高等女学校、庁立札幌第二中学校の嘱託として教壇にたった。明治38年に師範学校内で創立された野馬会では指導者として多くの水彩画家を育てた。大正14年北海道美術協会(道展)の創立会員となり、第1回展から昭和5年の第6回展まで毎年出品した。昭和6年、57歳で死去した。

文献:北海道美術の青春期、北海道の美術100年、美術北海道100年展、北海道美術史

北海道美術50 学芸員が語る名品のヒミツ
中西出版







-画人伝・北海道, 日本画家, 宗教画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.