UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま北関東地方を探索中。



画人伝・福島 水彩画家 風景画

会津での水彩画ブームを牽引した赤城泰舒と相田直彦

投稿日:

赤城泰舒「白い砂」

赤城泰舒(1889-1955)は、静岡の医師の家に生まれたが、祖先は会津藩の侍医の家柄で、実家は塩川町(現在の喜多方市)にあった。赤城は、幼いころから病気がちで、静岡の中学を病気のため退学し、療養のため神奈川県の葉山に転地し、のちに一家で塩川町に戻った。この頃、大下藤次郎によって水彩画雑誌「みずゑ」が創刊されるなど、全国的に水彩画ブームが起こっており、療養中の赤城もこの雑誌によって水彩画に興味を持つようになった。

明治39年上京した赤城は、大下藤次郎の内弟子となり、水彩講習所と太平洋画会研究所に通った。明治40年に創立された日本水彩画研究所では幹事となり大正2年までつとめた。明治42年第3回文展に初入選、その後官展、二科展、光風会展などに出品した。明治44年の大下没後は、「みずゑ」の編集を引き継ぎ、大正2年日本水彩画会の創立に参加するなど水彩画の普及に取り組んだ。

「みずゑ」は、水彩画の手本を普及させ、広く投稿を募っていたことから、地方にいながらにして水彩画を学ぶことを可能にした雑誌で、赤城同様にこの雑誌をきっかけに水彩画に興味を持った会津の若者に相田直彦(1888-1946)がいる。相田は「みずゑ」の読者応募欄で赤城と知り合い、のちに赤城同様に第3回文展に入選し、ともに日本水彩画会の設立に参加している。二人の中央画壇での活躍は、地元の青年たちに刺激を与え、会津での水彩画人口を増やしていった。

赤城泰舒(1889-1955)あかぎ・やすのぶ
明治22年静岡県駿東郡長泉町生まれ。沼津中学を病気で退学し、明治37年療養のため神奈川県葉山に移り、療養中に水彩画に親しんだ。明治38年一家で父親の郷里・福島郡塩川町(現在の喜多方市)に移り住んだ。明治39年上京して大下藤次郎の内弟子となり、水彩講習所と太平洋画研究所に通った。明治40年創立された日本水彩画研究所の幹事となり大正2年までつとめた。明治42年第3回文展に初入選、その後、官展、二科展、光風会展などに出品した。明治44年から水彩画の雑誌「みずゑ」の編集にあたった。大正2年日本水彩画会の創立に参加。大正7年光風会会員となった。大正10年文化学院の創立に参加し、絵画科の担当を昭和16年までつとめ、昭和17年女子美術学校講師となった。昭和18年新文展審査員となった。昭和30年、66歳で死去した。

相田直彦(1888-1946)あいだ・なおひこ
明治21年会津若松市生まれ。本名は寅彦。若松第一尋常高等小学校卒業。明治40年頃福島県立工業学校染織科を卒業した。上京して太平洋画会研究所に学び、のちに日本水彩画研究所に学んだ。第3回文展に入選し褒状を受け、翌年の第4回文展でも入選し褒状を獲得した。以後、文展、帝展にたびたび入選した。大正2年日本水彩画会の設立に参加。昭和4年白日会の創立会員となった。昭和12年第1回新文展から無鑑査となった。昭和21年、59歳で死去した。

福島(32)-ネット検索で出てこない画家

文献:ふくしまの美術 昭和のあゆみ、喜多方美術倶楽部と大正浪漫展Ⅲ、文化の力-福島と近代美術









-画人伝・福島, 水彩画家, 風景画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.