画人伝・富山 洋画家 人物画

富山県人最初の洋画家・田部英嘉と富山の初期洋画家

田部英嘉「婦人像」

田部英嘉「婦人像」

田部英嘉(不明-1888)は、富山県上新川郡奥田村(現在の富山市)に生まれた。少年のころから絵を好んでいたが、絵を学ぶために遊学することは許されないと思い、昭和18年頃書き置きをして京都に上り、久保田米僊を保証人として京都府画学校に入学し、田村宗立に洋画を学んだ。入学から3年ほどでチフスを患い、卒業を間近にして死去したが、富山県人で最初に洋画を描いた人物とされている。

田部は卒業を待たずに没したが、同じ京都府画学校で学び田部と交友のあった矢野倫真(1864-1943)が、同校卒業後に富山県尋常中学校(現在の富山高校)に図画教師として赴任し、富山に洋画を伝えた。矢野は翌年愛媛に転任となったが、その後、東京の工部美術学校で学んだ松尾徳太郎(1860-不明)が、富山県尋常師範学校を経て富山県尋常中学校で22年間教鞭をとり、富山での洋画発展に貢献した。

また、富山県人で最初に文展に入選した五島健三(1886-1946)は、明治40年に東京美術学校洋画科を卒業、同年創設された第1回文展に入選し、以後も東京、鹿児島で図画教師をつとめながら文展、帝展に出品した。五島が東京美術学校を卒業した年に同校に入学した酒井栄之(1886-1955)は、在学中から白馬会に出品し洋画家として前途を期待されたが、叔父の急逝により帰郷し、家業の郵便局を継ぎ、その後も富山で公職を歴任した。

田部英嘉(不明-1888)たなべ・えいか
富山県上新川郡奥田村(現在の富山市)生まれ。生家は富山藩士だった田部家の分家。師範学校を辞した岡田呉陽が清水村に開いていた漢学塾で学んだ。昭和18年頃書き置きを残して出奔し、京都に上り久保田米僊を保証人として京都府画学校に入学、田村宗立に洋画を学び、矢野倫真らと交友した。明治21年チフスのため京都で死去した。

矢野倫真(1864-1943)やの・りんしん
元治2年石川県生まれ。はじめ中浜龍淵に南画を学んだ。号は船山。明治19年京都府画学校に入学、田村宗立に学び、田部英嘉と交友した。在学中の明治20年京都新古美術会に鉛筆画を出品。明治21年に同校を卒業して富山県尋常中学校に赴任した。明治22年から26年まで愛媛県松山尋常中学校、明治26年から34年まで京都府第一中学校、明治34年から昭和5年まで岐阜中学校に勤務した。明治44年には岐阜最初の美術家団体「岐阜洋画研究会」会頭をつとめた。昭和18年、79歳で死去した。

松尾徳太郎(1860-不明)まつお・とくたろう
安政7年江戸生まれ。私塾で漢学、英語を学んだのち明治7年に東京外国語学校に入学して英語を学んだ。明治11年工部美術学校に入学し、フェレッティとサン・ジョヴァンニに師事した。明治18年から20年まで愛知県師範学校につとめ、明治23年富山県尋常師範学校に赴任。明治30年から大正8年までの22年間富山県尋常中学校につとめた。大正11年頃伊豆修善寺にいたともいわれるが、晩年の消息は不明。

五島健三(1886-1946)ごとう・けんそ
明治19年福野町(現在の南砺市)生まれ。明治35年富山県立農学校(現在の福野高校)を卒業して上京、東京美術学校本科に入学して岡田三郎助に学んだ。在学中の明治37年に第9回白馬会に入選。明治40年同校洋画科を卒業、同年第1回文展に入選した。明治41年第2回文展入選。明治43年から東京の私立高輪中学校に勤務、明治45年から青山師範学校、日本中学で教鞭をとり、大正2年鹿児島師範学校に赴任した。大正5年第10回文展入選。大正7年第12回文展入選。大正15年第7回帝展入選。昭和18年疎開で郷里に戻り、昭和21年、60歳で死去した。

酒井栄之(1886-1955)さかい・しげゆき
明治20年下新川郡舟見町(現在の入善町)生まれ。明治40年県立魚津中学校を卒業し、東京美術学校西洋画科に進学し和田英作に学んだ。在学中の明治43年第13回白馬会展に入選。大正2年同校を卒業し、同年創立された私立日本大学中学校芸術科の教諭となったが、大正6年父親の跡を継いだ叔父の急逝により同校を退職して帰郷し、家業の郵便局を継いだ。富山県三等郵便局長会会長、舟見町会議員などを歴任した。昭和30年、68歳で死去した。

富山(29)-画人伝・INDEX

文献:郷土の洋画 明治の胎動、とやまの洋画史 入門編

-画人伝・富山, 洋画家, 人物画

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5