画人伝・長野 日本画家 風景画

将来を嘱望されながら放浪の末38歳で没した西郷孤月

西郷孤月「飛瀑」長野県立美術館蔵

西郷孤月「飛瀑」長野県立美術館蔵

旧松本藩士の家に生まれた西郷孤月(1873-1912)は、幼いころに家族で東京に移住し、神田神保町で育った。小学生時代からドイツ語を学び、卒業後は東京英語学校で英語を、知神学校で美術を学んだ。15歳の時に狩野友信に師事して日本画の手ほどきを受け、翌年16歳の時に東京美術学校に1期生として入学。同期には横山大観、下村観山、1級下に菱田春草がおり、彼らとともに橋本雅邦門下の四天王と呼ばれた。

明治29年、23歳で東京美術学校研究科を修了し、同校の助教授に就任して後進の指導にあたっていたが、2年後の岡倉天心の校長辞職にともない、他教授陣とともに辞職し、同年天心を中心に創立された日本美術院に参加した。そして日本美術院を舞台に、天心の「空気を描け」という教えのもと、大観、春草らとともに新しい日本画の表現を模索し、無線描法を完成させていく。

この頃、師の橋本雅邦の娘と天心媒酌のもと結婚した。孤月が雅邦の女婿に選ばれた理由は定かではないが、四天王のなかでも特に将来を嘱望されてのことだと思われる。しかし、この結婚生活は長くは続かず、半年も持たずに離縁となった。孤月の放蕩が原因とされ、これをきっかけに孤月の画家人生は暗転していく。

孤月は、離婚した翌年も日本美術院の講習会講師などをつとめ、連合共進会にも出品していたが、次第に日本美術院から離れるようになり、明治36年の連合共進会を最後に中央画壇から姿を消した。その後、日本各地を放浪の末、九州を経て台湾に渡り数ヶ月滞在していたが、台北で発病して帰国、大正元年、本郷駒込の自宅で死去した。38歳だった。

長くその存在を忘れられていた孤月だったが、諏訪市出身の小説家・藤森成吉が『知られざる鬼才天才』のなかで孤月の再評価を提唱するなど、次第にその機運は高まり、昭和46年には長野県信濃美術(現在の長野県立美術館)で、昭和55年には松本市立博物館で孤月の大規模な展覧会が開催され、再評価は進み、近年では美術史のなかに正当に位置づけられるようになった。

西郷孤月(1873-1912)さいごう・こげつ
明治6年松本土井尻生まれ。旧松本藩士・西郷績の長男。本名は規。幼児期に家族とともに上京した。明治12年東京高等師範学校付属小学校に入学。卒業後は神田の東京英語学校、知神学校で学んだのち、狩野友信に日本画の手ほどきを受けた。明治22年の東京美術学校創立と同時に1期生として入学、研究科を経て同校の助教授になった。明治31年の東京美術学校騒動の際、岡倉天心、橋本雅邦、横山大観らとともに辞職し日本美術院の創立に参加。無線描法の研究に取り組んだ。この間、日本絵画協会共進会の第2回展から出品し、3回展では「春暖」が銅牌を受けた。美術学校辞職後は明治31年橋本雅邦の長女と結婚したが、放蕩が原因で離婚。明治36年頃から各地を遍歴するようになり、明治44年台湾に渡ったが発病して帰国。大正元年、38歳で死去した。

長野(38)-画人伝・INDEX

文献:長野県美術全集 第2巻、松本の美術 十三人集、信州の美術、松本平の近代美術、長野県信濃美術館所蔵作品選 2002、松本市美術館所蔵品目録 2002、長野県美術大事典、美のふるさと 信州近代美術家たちの物語




おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・長野, 日本画家, 風景画

© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5