画人伝・富山 日本画家 花鳥画

竹村白鳳ら石崎光瑤に師事した富山の日本画家

竹村白鳳「春酣」京都市美術館蔵

竹村白鳳「春酣」京都市美術館蔵

石崎光瑤は、京都画壇で活躍する一方、京都市立絵画専門学校で20年以上教鞭をとり、40代後半からは私塾を開いて後進の育成に励んだ。

光瑤塾の塾頭をつとめた竹村白鳳(1895-1951)は、高岡市出身で、地元での小学校代用教員を経て、京都に出て石崎光瑤に師事した。竹内栖鳳の竹杖会にも入って研鑽を積み、京都市立絵画専門学校でも学んだ。花鳥画を得意とし、官展で活躍した。

ほかに富山出身の光瑤の門人としては、射水市の本郷越嶺、氷見市の冬木清、砺波市の山田武嗣、南砺市の湯浅桂明、栗山弘演、福岡町の佐伯菊荘らがいる。塾生たちの多くは京都市立専門学校の学生や出身者で、竹内栖鳳の竹杖会に入会している画家たちもいた。

竹村白鳳(1895-1951)たけむら・はくほう
明治28年高岡市生まれ。大正3年富山県立工芸学校図案科卒業。市内の小学校の代用教員を経て、大正7年に京都に出て石崎光瑤に師事し、光瑤塾の塾頭をつとめるとともに、竹内栖鳳の竹杖会にも入った。大正10年第3回帝展に初入選、以後昭和9年第15回帝展及び昭和15年の紀元2600年奉祝美術展まで7回の官展入選を果たした。この間、京都市立絵画専門学校で学び、大正15年同校を卒業し研究科に学んだ。昭和12年京展で入賞し京都市美術館買上げとなった。昭和26年、56歳で死去した。

佐伯菊荘(1901-1990)さえき・きくそう
明治34年西礪波郡福岡町(現在の高岡市)生まれ。本名は菊造。前号菊三。幼いころから絵画に興味を持ち、16歳の時に京都に出て石崎光瑤に入門し、京都絵画専門学校でも学んだ。在学中の昭和3年に第10回帝展に初入選し、京都市展で市長賞なども受賞したが、以後は公募展への出品を断っている。昭和10年には福岡町から京都に転籍し、古美術や法隆寺仏画の模写に専念した。昭和33年大津市に転居し、制作のかたわら個展を開催した。平成2年、89歳で死去した。

栗山弘演(1907-1998)くりやま・こうえん
明治40年東礪波郡福野町(現在の南砺市)生まれ。本名が弘演。別号に弘圓、功圓、功円、無老などがある。画家を志して京都に出て石崎光瑤に師事した。京都市立絵画専門学校在学中の昭和5年に第17回院展に初入選し、以後も昭和7年第19回院展、昭和14年第26回院展に入選した。昭和7年同校を卒業し研究科に進んだ。同年第13回帝展に初入選、昭和8年、9年と帝展に連続入選し、昭和11年文展無鑑査展に出品した。福光図書館、富山市立郷土博物館などで個展を開催した。平成10年、91歳で死去した。

山田武嗣(1907-1998)やまだ・たけつぐ
明治40年砺波市苗加生まれ。昭和9年京都市立絵画専門学校卒業。石崎光瑤、小松均に師事した。昭和27年再興第37回院展で初入選。以後同展に入選を重ね、院友に推挙された。樹木を主なテーマとした。平成10年、91歳で死去した。

富山(13)-画人伝・INDEX

文献:郷土の日本画家たち(富山県立近代美術館)、1940年代 富山の美術、南砺市ゆかりの作家展1、福岡町ゆかりの美術、日本美術院百年史7巻・8巻

-画人伝・富山, 日本画家, 花鳥画

© 2022 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5