UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・宮崎 日本画家 歴史画

蒔絵にすぐれ日本画も手がけた秋月可山

更新日:

秋月可山「武者絵」高鍋町歴史総合資料館蔵

大正9年(1920)に発行された「県政評論」では、秋月可山(1867-1932)、土居彩畝(1891-1987)に、延岡から宮崎に移り住んでいた佐藤小皐(1861-1928)を加え「三画人」と称し、「可山は蒔絵を独壇場、彩畝女史は花鳥の天品。一枝の花彼によって生き、一羽の鳥彼によって歌う。女史と小皐で画界の半々をしめる。小皐氏は軽快、瀟洒、平遠、清浅、淡雅、風自らすだれを開き、月自ら軒をうがつ」と評している。

秋月可山は、高鍋藩主秋月家の分家に生まれ、東京美術学校で蒔絵のほか四条派の画を修めた。漆工が専門だったが、東京美術学校の普通科では日本画家に指導を受けており、卒業後も日本画を多く描いた。高鍋町歴史総合資料館には明治42年作の「武者絵」(掲載作品)が収蔵されており、主題は特定できないが、何らかの場面を描いた歴史画と思われる。大正9年には宮崎に後援会「可山会」ができたという。

また、土居彩畝は、夫が宮崎刑務所の典獄だった時期の6年間を宮崎で過ごした。土佐派の荒木寛畝に師事し、日本美術会展で1等賞を受けるなど活躍した。

秋月可山(1867-1932)
慶応3年生まれ。父は高鍋藩主秋月家分家の新小路秋月家・秋月良種。幼名は兎太郎、のちに復郎。別号に紫明、炗雲がある。明治初年に上京し、明治22年に東京美術学校に第1回生として入学した。同校では普通科で2年間学び、専修科は漆工部に進み、明治27年蒔絵科を卒業した。その後、同校で明治29年2月から1年あまり調漆の教師、明治33年のパリ万国博覧会事務官などをつとめ、官命により渡仏し油絵の研究も行なった。また、宮内省で昭和天皇御成婚用の漆塗りの馬車制作にも携わった。昭和7年、66歳で死去した。

土居彩畝(1891-1987)
明治24年東京浅草生まれ。明治33年、9歳の時に荒木寛畝の門に入り、明治34年の第11回日本絵画協会共進会に入選した。以後は師の寛畝が関わった日本美術協会に出品した。明治41年には東宮殿下(後の大正天皇)が日本美術協会を訪れた際の御前揮毫を行なった。明治40年東京勧業博覧会、43年日英博覧会、大正12年から大正15年まで朝鮮美術展覧会に入選した。大正3年に夫が宮崎県典獄補として現在の宮崎市に赴任し、大正10年に朝鮮総督府典獄となって京城に渡るまでの6年間宮崎に滞在し、県内に数点の作品を残している。昭和62年、96歳で死去した。

文献:宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展

国芳の武者絵
稲垣 進一,悳 俊彦
東京書籍







-画人伝・宮崎, 日本画家, 歴史画

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.