画人伝・宮崎 日本画家 歴史画

蒔絵にすぐれ日本画も手がけた秋月可山

秋月可山「武者絵」高鍋町歴史総合資料館蔵

大正9年(1920)に発行された「県政評論」では、秋月可山(1867-1932)、土居彩畝(1891-1987)に、延岡から宮崎に移り住んでいた佐藤小皐(1861-1928)を加え「三画人」と称し、「可山は蒔絵を独壇場、彩畝女史は花鳥の天品。一枝の花彼によって生き、一羽の鳥彼によって歌う。女史と小皐で画界の半々をしめる。小皐氏は軽快、瀟洒、平遠、清浅、淡雅、風自らすだれを開き、月自ら軒をうがつ」と評している。

秋月可山は、高鍋藩主秋月家の分家に生まれ、東京美術学校で蒔絵のほか四条派の画を修めた。漆工が専門だったが、東京美術学校の普通科では日本画家に指導を受けており、卒業後も日本画を多く描いた。高鍋町歴史総合資料館には明治42年作の「武者絵」(掲載作品)が収蔵されており、主題は特定できないが、何らかの場面を描いた歴史画と思われる。大正9年には宮崎に後援会「可山会」ができたという。

また、土居彩畝は、夫が宮崎刑務所の典獄だった時期の6年間を宮崎で過ごした。土佐派の荒木寛畝に師事し、日本美術会展で1等賞を受けるなど活躍した。

秋月可山(1867-1932)
慶応3年生まれ。父は高鍋藩主秋月家分家の新小路秋月家・秋月良種。幼名は兎太郎、のちに復郎。別号に紫明、炗雲がある。明治初年に上京し、明治22年に東京美術学校に第1回生として入学した。同校では普通科で2年間学び、専修科は漆工部に進み、明治27年蒔絵科を卒業した。その後、同校で明治29年2月から1年あまり調漆の教師、明治33年のパリ万国博覧会事務官などをつとめ、官命により渡仏し油絵の研究も行なった。また、宮内省で昭和天皇御成婚用の漆塗りの馬車制作にも携わった。昭和7年、66歳で死去した。

土居彩畝(1891-1987)
明治24年東京浅草生まれ。明治33年、9歳の時に荒木寛畝の門に入り、明治34年の第11回日本絵画協会共進会に入選した。以後は師の寛畝が関わった日本美術協会に出品した。明治41年には東宮殿下(後の大正天皇)が日本美術協会を訪れた際の御前揮毫を行なった。明治40年東京勧業博覧会、43年日英博覧会、大正12年から大正15年まで朝鮮美術展覧会に入選した。大正3年に夫が宮崎県典獄補として現在の宮崎市に赴任し、大正10年に朝鮮総督府典獄となって京城に渡るまでの6年間宮崎に滞在し、県内に数点の作品を残している。昭和62年、96歳で死去した。

宮崎(21)-画人伝・INDEX

文献:宮崎県地方史研究紀要第12号「宮崎の近代美術」、郷土の絵師と日本画家展




おすすめ記事

1

長谷川等伯 国宝「松林図屏風」東京国立博物館蔵 長谷川等伯(1539-1610)は、能登国七尾(現在の石川県七尾市)の能登七尾城主畠山氏の家臣・奥村家に生まれ、のちに縁戚で染物業を営む長谷川家の養子と ...

2

田中一村「初夏の海に赤翡翠」(アカショウビン)(部分) 昭和59年(1984)、田中一村(1908-1977)が奄美大島で没して7年後、NHK教育テレビ「日曜美術館」で「黒潮の画譜~異端の画家・田中一 ...

3

横山大観「秩父霊峰春暁」宮内庁三の丸尚蔵館蔵 横山大観(1868-1958)は、明治元年水戸藩士の子として現在の茨城県水戸市に生まれた。10歳の時に一家で上京し、湯島小学校に転入、つづいて東京府小学校 ...

4

北野恒富「暖か」滋賀県立美術館蔵 北野恒富(1880-1947)は、金沢市に生まれ、小学校卒業後に新聞の版下を彫る彫刻師をしていたが、画家を志して17歳の時に大阪に出て、金沢出身で歌川派の流れを汲む浮 ...

5

雪舟「恵可断臂図」(重文) 岡山の画家として最初に名前が出るのは、室町水墨画壇の最高峰に位置する雪舟等楊(1420-1506)である。狩野永納によって編纂された『本朝画史』によると、雪舟の生誕地は備中 ...

-画人伝・宮崎, 日本画家, 歴史画

© 2023 UAG美術家研究所 Powered by AFFINGER5