UAG美術家研究所

江戸時代を中心に全国各地で活動していた画家を調査して都道府県別に紹介しています。ただいま東北地方を探索中。

画人伝・秋田 狩野派

秋田狩野の祖・狩野定信

更新日:

涅槃図 狩野定信 左:萬雄寺蔵、右:慶供寺蔵

秋田で最も早く名前が出る画人は、室町時代に活躍したと伝わる雄勝郡雄勝町小野の西海杖太郎左衛門である。姓は小野寺とも称し、出羽国小野の城主で、雪舟門だったと伝わっている。ついで長谷川隆也(または片岡)が出てくるが、伝記は残っていない。安土桃山時代になると、比内町八木橋城主の浅利牛蘭、能代市桧山城の安東愛季・実季父子らが絵筆をとっているが、いずれも武士の余技とみられる。

江戸時代に入り、佐竹氏が茨城の水戸から秋田に転封され久保田城主になると、秋田の近世美術史もにぎわいを見せてくる。佐竹氏は、武勇で知られる一方で美術も愛し、代々絵筆にすぐれた城主を出している。二代藩主・佐竹義隆は、家老・梅津梅巌の推薦で、江戸から狩野定信を招き、おかかえ絵師とした。定信は秋田に狩野派の礎を築き、本庄藩、亀田藩でも狩野派の絵師を招くようになった。

狩野定信の画歴は定かではなく、桃山時代から江戸初期にかけて狩野光信周辺で活躍した別人の定信と混同している資料もみられる。定信が秋田を訪れたのは、慶安承応のころと推測され、国絵図制作を依頼されてのものだったとも考えられている。その後、秋田で結婚し、妻の弟を養子に迎え興信と名づけて後継者としたが、興信は自分の才能に失望して出家して不洗と号し、のちに京都で没している。

秋田市の萬雄寺と應供寺に2点の定信作「涅槃図」が残っている。これらは秋田藩家老の梅津梅巌の依頼によって承応2年に制作されたもので、そのことは画面裏側の墨書によって明らかになっている。また、福井県小浜市の萬徳寺の「武家邸内図屏風」についても定信の作とみられている。

狩野定信(不明-不明)かのう・さだのぶ
秋田狩野の祖と称される。秋田藩二代藩主・佐竹義隆のおかかえ絵師。画歴は不明で、京都の人ともいわれている。俗に「造酒定信」とよばれている。妻は雄勝町院内の出で、定信没後に小鴨三室と再婚し、子に老荘学者金蘭斎がいる。妻の弟興信を養子とし、その子に是信がいる。

秋田(1)-ネット検索で出てこない画家







-画人伝・秋田, 狩野派

Copyright© UAG美術家研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.